RSS | ATOM | SEARCH
目配山の桜(ついでに四峰巡り)

JUGEMテーマ:山登り

 

4月に入り桜の季節ということもあり

 

桜で有名な筑前の目配山へ行ってきた。

 

歴史の里公園駐車場の桜

 

歴史の里公園に駐車。

 

土曜日ながら車はほぼ満車。

 

登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

歴史の里公園駐車場の桜

 

駐車場の桜もなかなか良い。

 

公衆トイレ

 

トイレも有り。

 

大己貴神社

 

隣の大己貴神社の桜もなかなかの見応え。

 

中で宴会をしている方も発見。

 

これくらいにして目配山を目指す。

 

目配山への案内

 

案内だと約2.5キロ。

 

農道

 

少し歩くと山が見えてきた。

 

たんぽぽ

 

途中、たんぽぽも。

 

貯水池

 

貯水池の横を抜け、

 

目配山への案内

 

奥へ抜け、

 

目配山登山口

 

登山口へ。

 

ここから5〜6分で最初の目的地の分岐へ到着。

 

小鷹城山への案内

 

登ると、

 

小鷹城山展望台

 

小鷹城山展望台へ。

 

小鷹城山

 

小鷹城山からの景色

 

低いながらもそこそこの眺め。

 

すぐに後にして目配山へ。

 

歩きやすい道

 

道は比較的歩きやすい。

 

みわ一歩桜

 

途中、「みわ一歩桜」という大きな桜があるけど

 

いつ頃咲くのかは不明。

 

分岐

 

約30分で分岐へ到着。

 

目配山山頂へのルート

 

登りはまわって山頂へ。

 

目配山の桜

 

到着!桜はそこそこ。

 

後何日後かが満開かな。

 

目配山山頂

 

目配山山頂からの景色

 

目配山山頂からの景色(パノラマ)

 

天気が良ければまだ良かったのに。

 

山飯でソーセージを焼く

 

今日の山飯はソーセージをいただく。

 

ソーセージに岩塩を振る

 

最後に岩塩をふりふり。

 

 

 

1時間ほど休憩をして高宮山へ。

 

高宮山山頂

 

目配山からここへはすぐに到着。

 

ここから小富士というところを目指したいけど地図に道は無し。

 

ネットで他の方が通ったであろう道を見つけていたので

 

そちらの方へ行ってみる。

 

山の道なき道

 

基本的には小富士方面へ真っ直ぐ降りていくだけ。

 

登山道というのは無し。

 

梨園

 

藪を抜けると梨園へ。

 

小富士の方面への道を歩いていると作業をしてる方が。

 

梨園は私有地内なので入ってよいか確認をしたら

 

丘まで行って帰ってくるならいいよとのこと。

 

ありがとうございます!

 

私有地内の道

 

道沿いに進んでゆくと行き止まり。

 

まわりを見渡すと登れるところが。

 

小富士山頂

 

どうやらここが小富士らしい。

 

境界杭

 

境界杭がありました。

 

確認できたのでUターンで下山。

 

私有地の門

 

帰りは道沿いで。

 

門を抜けてひたすら舗装路を下っていく。

 

林道

 

小富士から駐車場までは約1時間かかった。

 

今回はかなり遠回りしたけど桜も見れてよかった。

 

 

山行ログ

 

■歴史の里公園〜小鷹城山〜目配山〜高宮山〜小富士〜歴史の里公園■
4/2(土)曇り

 

12:40 歴史の里公園 出発

13:10 小鷹城山

14:00 目配山山頂 到着

(休憩)

15:00 目配山山頂 出発


15:10 高宮山


15:50 小富士


16:50 歴史の里公園 到着

 

総時間:4時間10分
総距離:11.1Km
高低差:366m

 

 

 

 

 

まさやんその他福岡市近郊の山22:06comments(0)|-
太宰府から天拝山へ
JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

 

梅がいい感じそうなので太宰府へ。

 

太宰府天満宮正面参道

 

日曜なので人も多い。

 

最近は外国人も増えたよう。

 

太宰府天満宮本殿

 

まだ満開とは言えない感じだけどなかなかの咲き具合。

 

太宰府天満宮の飛梅

 

満開だともっと綺麗だろうな。

 

太宰府天満宮の飛梅

 

仏閣と梅は似合う。

 

太宰府天満宮のメジロ

 

ここにはメジロもいるので絵になる。

 

太宰府天満宮での結婚式

 

今日は結婚式が行われていた。

 

梅ケ枝餅

 

大宰府に来たら梅ヶ枝餅も必ず。

 

ヒヨドリ

 

少し出たところでヒヨドリを発見。

 

 

このまま天拝山まで歩く。

 

そこそこの距離があるけど歩ける距離。

 

道すがら野鳥も探す。

 

ハクセキレイ

 

アオサギ

 

この辺りは野鳥もそこそこいて撮りやすい。

 

天拝山の麓の公園に到着。

 

以前登ったときと同じ天拝山。

 

シロハラ

 

シロハラがいた。

 

登山道に普通にいて近づいても逃げない。

 

天拝山山頂からの景色

 

今日も天拝山からの景色は良い。

 

この広がる街の景色が低山の魅力。

 

天拝山山頂の展望台

 

展望台の工事案内

 

展望台は工事で一週間上がれないようです。

 

 

山行ログ

 

総時間:5時間20分
総距離:12.4Km
高低差:223m

 

 

まさやんその他福岡市近郊の山21:59comments(0)|-
笠置山

 

少し天気が悪いけど久しぶりに笠置山へ。

 

千石峡キャンプ場からスタート。

 

千石峡キャンプ場駐車場

 

キャンプ場なのでこの時期は全く人は無し。

 

 

川を渡って登山口に。

 

笠置山登山口

 

舗装路沿いに進むとすぐに分かる。

 

笠置山

 

山頂が見えてきた。

 

分岐

 

途中分岐点を通過。

 

ここはまっすぐ進む。

 

笠置山登山道

 

登山道は分かりやすい。

 

山頂下のロープ場

 

急坂を登ると山頂。

 

笠置山山頂

 

山頂は広い。

 

この時期はまだまだ人も少なくて今日は誰とも会わなかった。

 

笠置山山頂案内

 

笠置山山頂からの景色

 

ここで休憩をとって下山。

 

山頂の三角点

 

三角点には不思議なケルンが。

 

 

下山後、防水カメラで遊ぶ。

 

千石峡キャンプ場の水中

 

川で突っ込んで撮る。

 

千石峡キャンプ場の水中

 

ピントなどは合わせられないのでタイマーで何枚も。

 

千石峡キャンプ場の水中

 

何枚も撮ってると魚が(^^)

 

川もあってとてもいいところ。

 

千石峡キャンプ場

 

 

今日は久しぶりに普段使っていないカメラを持ってきた。

 

今日のカメラ

 

望遠デジカメ、防水カメラ、レコロ。

 

レコロは歩いているところを撮ってみたけど上手くいかなかった。

 

防水カメラは使い方次第で面白くなりそう。

 

 

 

山行ログ

 

総時間:3時間50分(休憩含む)
総距離:6.8Km
高低差:385m

 

 

 

 

 

 

まさやんその他福岡市近郊の山20:32comments(0)|-
筑紫野 宮地岳
JUGEMテーマ:山行記録

秋を感じに筑紫野の宮地岳へ。

ここは紅葉もあって秋にはおすすめの山。

車は高木神社横のスペースに停めることができる。

高木神社入口

近くまで行くとちょっと分かりにくい。

ここは左の狭い道へ入る。

高木神社案内

案内有り。右へ。

細い道を20〜30m進むと高木神社へ到着。

狭いので大きい車は気をつけて(汗)

高木神社

車は4〜5台は停めれそう。


登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

宮地岳案内板

案内板有り。

今回は帰りに円徳寺側に下るルートで周回の予定。

トイレ

トイレもある。

人気の山だというのが分かる。


準備をして早速スタート。

筑紫野宮地岳登山口

奥のロープの横を通って入る。

栗

早速秋の恵み栗が。

当然中身は食べられてありません♪

ルート案内

ルート案内があるものの稜線に出るルートは荒れててバツ。

案内板にも薄くバツが。


登り始めて15分で童男丱女岩(どうなんかんにょいわ)へ。

童男丱女岩

開けていて景色も良い。

童男丱女岩からの景色

ここから山道へ。

登山道

稜線を辿って山頂へ。

野いちご

野いちごを発見。

鉄塔

鉄塔下のルート

鉄塔下を進んで5分位で宮地岳神社に到着。

宮地岳神社

祠が有り景色も少し堪能できる。

ここから山頂は近い。

山頂への案内

奥側へ。

宮地岳山頂

山頂に到着。

まわりは木で眺望は無し。

宮地岳山頂案内

三角点

三角点有り。すぐ見つかる。

分岐

少し戻って分岐から円徳寺方面へ。

20分程度で舗装路へ。

舗装路

宮地岳案内板

最初の案内板と比べるとぐるっと回ってきたのが分かる。

圓徳寺

円徳寺通過。

ここまで来るとあとは車道を戻るのみ。

秋の恵み

秋の恵み

路傍の花

路傍の花

ほおずき等の秋を堪能。

車道

車道に出る。

宝満山方面

宝満山方面の景色。

山の右肩あたりに見える白い点が三郡山のレーダー。

のどかな風景

のどかな風景を見ながら歩く。

神社

ここで少し山側に入って神社前を通過。

分岐

分岐では左側は鉄塔が有りおそらく私有地を横切るっぽい。

見たけど分からなかったので分岐から右へ。

ジョウビタキ

野鳥が。遠いのではっきりしないけどジョウビタキかな。

柿

銀杏

完全に秋。


高木神社に到着。

ゆっくりまわって約3時間の山行。

暖冬なのか紅葉はまだまだだったけど秋は堪能できた。


山行ログ

■高木神社〜宮地岳山頂〜高木神社■
11/3(祝)晴れ

13:00 高木神社 出発

13:25 童男丱女岩

14:00 宮地岳神社

14:05 宮地岳山頂 到着

(休憩)

14:30 宮地岳山頂 出発

15:00 円徳寺

16:00 高木神社 到着

総時間:3時間00分
総距離:7.1Km
高低差:302m


 
まさやんその他福岡市近郊の山21:15comments(0)|-
新立山(権現山)
JUGEMテーマ:山行記録

連休初日なので宗像の新立山へ。

新立山は権現山ともいう山で短時間で気軽に登れる山。

まず高速で正助ふるさと村へ。

大駐車場への道

駐車は大駐車場の方面へ。


登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

大駐車場

駐車場は広くてイベントでもない限り止められないことはなさそう。

ショップにんじん

駐車場はショップにんじんの前。

彼岸花

今の時期は彼岸花がまわりに広がってる。

新立山案内板

今回のルートは新立山案内板でみると平山登山口から登って

正助ふるさと村側登山口へ下りてくるルート。

正助ふるさと村案内板

正助ふるさと村案内板。左上が出発地。

大駐車場出口

駐車場奥の出口からスタート。

新立山への道

少しの間田んぼの横を進む。

分岐

案内も何もないけどここから右。

新立山への道

やっと登山道っぽい道に。

新立山山頂への案内

ここでやっと案内があらわれる。

これが見れると間違ってなかったと実感。

ここから先は案内がたくさんあるので間違えることはなさそう。

分岐

ここで右。

新立山登山道

終始広い道で車が通れそうなくらいの綺麗で広い道。

新立山登山道

途中から少し狭くなってきて岩が出てくる。

山頂下の広場

登り始めて50分ほどで山頂下の広場に到着。

ここから右奥の階段を登って山頂へ。

新立山山頂案内

山頂の案内へ到着。

本当の山頂はここの奥。

権現山の碑

権現山の碑がある。

おそらくここが本当の山頂。

三角点

三角点あり。

新立山山頂

山頂はひらけていてベンチとテーブルもあってゆっくりできる。

まわりの展望も良くて案内板もある。

方角案内

今日はほどよく天気が良かったので遠くの方までみれた。

新立山山頂からの景色(宗像四塚方面)

奥に見えるのが宗像四塚。

新立山山頂からの景色(古賀方面)

新立山山頂からの景色(宮若方面)

新立山山頂からの景色(直方方面)

直方方面の景色も良い。

軽い休憩を取り下山。

正助ふるさと村登山口方面

来る時は右側から上がってきたけど

帰りは別の道からいくのでここはまっすぐに進む。

登山口

こちらの道は来た道よりは登山道っぽい。

登りは大変そうな感じ。

正助ふるさと村登山口方面分岐

途中から正助ふるさと村方面への分岐有り。

新しくできた道のよう。

弥勒菩薩案内

弥勒菩薩

途中に弥勒菩薩が祀ってあったので立ち寄る。

登山道

ここまで下りてくると道も綺麗になってきた。

正助ふるさと村付近の田園風景

田園風景が見えてきた。

正助ふるさと村も近い。

正助ふるさと村方面分岐

ここで最後の分岐。

ここから10分で駐車場に到着。


ゆっくり休憩をとって約2時間くらい気軽に登れるいい山。


山行ログ

■正助ふるさと村〜新立山山頂〜正助ふるさと村■
9/19(土)晴れ

14:30 正助ふるさと村 出発

15:20 新立山山頂 到着

(休憩)

15:45 新立山山頂 出発

16:20 正助ふるさと村 到着

総時間:1時間50分
総距離:4.6Km
高低差:274m


 
まさやんその他福岡市近郊の山19:21comments(0)|-
一番上へ戻る