RSS | ATOM | SEARCH
竈門神社から一の鳥居までの駐車スペースを調べてみた

JUGEMテーマ:登山・トレッキング

 

宝満山を登っているとはじめての方から

車で行った場合の駐車スペースはどうなっているのか?

とよく聞かれます。

 

s2018-03-24 13.59.20.jpg

 

時間的に余裕がある場合は竈門神社下の豆塚駐車場を勧めています。

 

広いしまず満車にならないです。

ただ開錠時間が決まっているため

朝早くや夜遅くは出し入れができません。

(上の方には少しだけ24時間スペースがあります)

 

s2018-03-24 13.59.31.jpg

 

なので今回、個人的に知りたかったこともあり

竈門神社から一の鳥居までの駐車スペースを調べてみました。

 

sログと登山道(最終).jpg

 

地図から見ると左下の(P)が竈門神社駐車場です。

青の線が車で上ることのできる道になります。

そして道の終点が「一の鳥居」になります。

 

拡大すると、

 

宝満山駐車スペース地図

 

番号を振っている地点が駐車スペースです。

 

【1】と【2】は竈門神社駐車場です。

 

【1】100台以上

s2018-03-24 13.59.20.jpg

 

【2】20台程度

s2018-03-24 14.01.50.jpg

 

【×】階段下は参拝者専用です

s2018-03-24 14.02.05.jpg

 

【×】竈門神社周辺は路駐禁止です

s2018-03-24 14.05.27.jpg

 

 

【3】は有料駐車場です。

 

【3】20〜30台

s2018-03-24 14.10.00.jpg

 

 

【4】〜【14】が駐車スペースとなります。

 

今回はルールとして道路への駐車は含めていません。

必ず舗装路の外に停められる場合のみカウントしています。

(※実際はもう少し多くの車を停めることができます)

 

【4】2台

s2018-03-24 14.10.58.jpg

 

【5】1台 + 2台

s2018-03-24 14.12.21.jpg

 

【6】3台(手前に少し路駐可)

s2018-03-24 14.15.26.jpg

手前のここからルートに入れます

s2018-03-24 14.14.50.jpg

 

【7】2台

s2018-03-24 14.16.33.jpg

 

【8】1台

s2018-03-24 14.18.19.jpg

 

【9】7台

s2018-03-24 14.19.18.jpg

ここからルートに入れます

s2018-03-24 14.19.52.jpg

ここに案内があります

s2018-03-24 14.20.10.jpg

 

【×】六所宝塔之跡(駐車不可)

s2018-03-24 14.22.11.jpg

ここの案内は普段見ませんね

s2018-03-24 14.22.19.jpg

意外に広いスペースがあります

s2018-03-24 14.22.53.jpg

 

【10】1台(ここからルートに入れます)

s2018-03-24 14.25.31.jpg

 

【11】6台

s2018-03-24 14.28.58.jpg

ここからルートに入れます

s2018-03-24 14.29.34.jpg

ここの案内です

s2018-03-24 14.29.40.jpg

少し先に路駐可

s2018-03-24 14.31.03-2.jpg

 

【12】1台

s2018-03-24 14.31.49.jpg

 

【13】1台

s2018-03-24 14.32.38.jpg

 

【14】6台(一の鳥居下)

s2018-03-24 14.33.23.jpg

ここからルートに入れます

s2018-03-24 14.33.58.jpg

ここからは景色も見えます

s2018-03-24 14.34.40.jpg

 

一の鳥居下からスタートすると

竈門神社よりも30〜40分カットできるので

ここからスタートする人も多いですね。

 

 

ここまでが今回調べた結果です。

 

 

軌跡のログが欲しい方はヤマップにログインください。

→ 宝満山正面道における駐車場スペース(YAMAP)

 

 

s2018-03-24 14.35.30.jpg

 

ここから先は登山道のみとなります。

緊急車両もここまでしか上がってこれません。

 

宝満山駐車スペース地図

 

路肩なども含めるともう少し停められそうですが今回はマイルールで計算していません。

 

宝満山は人気の山のため週末は結構埋まります。

また道が細いため離合に自身がない方はおすすめしません。

一般的にはゆっくりと時間を取って

竈門神社の駐車場から登ることをお勧めします。

 

宝満山が初めての方もよい山を!

宝満山の登山道とコースデータ

 

 

まさやん三郡山系(宝満山)20:25comments(0)|-
今年も難所ヶ滝へ

JUGEMテーマ:山行記録

 

今年も難所ヶ滝へ行ってきました。

 

難所ヶ滝までの細かい時間などはこちらの過去記事を

 

難所ヶ滝の大つららを見に行く

 

ss2018-01-13 07.59.38.jpg

 

朝8時なのに結構車がいます(汗

 

もっと早く来ればよかった。

 

ssIMG_3722.jpg

 

ちょっと進むだけで結構な雪(^^)

 

写真は下の段から見た大つらら。

 

もっと手前から雪が積もってましたよ。

 

途中写真を撮りながら1時間半程度で難所ヶ滝へ。

 

ssIMG_3727.jpg

 

まだまだ岩肌が出てるけどこれはこれで良い。

 

ssIMG_3734.jpg

 

氷の芸術です。

 

寒いので15分ほどで先へ進みます。

 

今回はこのまま三郡山を目指します。

 

ssIMG_3740.jpg

 

稜線が近づくに連れ雪が増えていきます。

 

ssIMG_3744.jpg

 

稜線はかなりの積雪。

 

ssIMG_3745.jpg

 

ssIMG_3746.jpg

 

20センチくらいはあるかな。

 

ssIMG_3747.jpg

 

雪と風の共演です。

 

ssIMG_3749.jpg

 

三郡山が近づくと更に雪が増してきました。

 

ssIMG_3752.jpg

 

三郡山に到着。

 

風があってあまりに寒いので少し下りたところで昼食。

 

ssIMG_3753.jpg

 

少し下りたところも雪がすごい。

 

風が吹き溜まるところは50センチ位積もってました。

 

昼食を食べて下山です。

 

ssIMG_3775.jpg

 

日が出てきました。

 

木漏れ日と雪がいい感じ。

 

ssIMG_3777.jpg

 

帰りにもう一度つららを。

 

ssIMG_3781.jpg

 

誰かの雪だるま。

 

いい顔してますね(^^)

 

無事に帰ってきて帰宅。

 

冬に一回は難所ヶ滝を見ておきたいところです。

 

行かれる方はアイゼン必須ですよ。

 

 

 

ssIMG_3782.jpg

 

途中の道が侵入禁止になってました。

 

 

s2018-02-07 18.35.14.jpg

 

総時間:6時間40分
総距離:9.6Km
高低差:749m

 

 

まさやん三郡山系(宝満山)20:48comments(0)|-
裏宝満山

JUGEMテーマ:山行記録

 

お久しぶりの裏宝満山です。

 

竈門神社から行く正面道とは違って

 

東側のルートになります。

 

普段はほとんど正面道のため久しぶりです。

 

裏はルートが網の目のため

 

今回は久しぶりということもあり案内してもらいました。

 

 

今回のコースは、

 

堤谷コース → キャンプセンター → 山頂 → 猫谷コース

 

です。(やや足場が悪い所あり)

 

sIMG_2205.jpg

 

帰りが猫谷コースのため登山口に車を駐車しました。

 

路肩が広いため駐車可能です。

 

宝満山登山口バス停からは歩いて約20〜30分です。

 

登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

ここから少し歩いてシラハケ尾根コースの登山口を目指します。

 

シラハケ尾根コースから堤谷コースへ分岐します。

 

初心者はシラハケ尾根コースをおすすめします。

 

sIMG_2206.jpg

 

私有地に入りました。

 

中を通らせてもらいます。

 

sIMG_2207.jpg

 

突きあたりに登山口があります。(写真左の道へ)

 

sIMG_2209.jpg

 

登山道の標識があります。

 

sIMG_2210.jpg

 

滝や沢があるのが裏宝満山の醍醐味です。

 

ここからすでにマイナスイオンです。

 

sIMG_2211.jpg

 

この案内板から堤谷コースへ分岐します。

 

sIMG_2213.jpg

 

所々の沢がいい感じです。

 

この季節9月でも涼しいです。

 

sIMG_2218.jpg

 

やや足場が悪いところがあります。

 

sIMG_2220.jpg

 

小さな滝がありました。

 

sIMG_2223.jpg

 

滝と苔がいい感じです。

 

まさに裏宝満といった感じです。

 

正面道にはない景色です。

 

sIMG_2226.jpg

 

大きな滝です。

 

マイナスイオン大放出です。

 

sIMG_2227.jpg

 

沢もあり湿気があるからかキノコが多いです。

 

sIMG_2234.jpg

 

滝の横を登ります。(危険はありません)

 

sIMG_2245.jpg

 

大きな滝です。

 

しばし写真撮影。

 

sIMG_2247.jpg

 

水が綺麗で写真だと無いように見えます。

 

sIMG_2249.jpg

 

ちょっと暗くてブレブレになりました。

 

sIMG_2250.jpg

 

とにかく滝が多いです。

 

sIMG_2251.jpg

 

ちょっと梯子なんかもあります。

 

sIMG_2254.jpg

 

ここでシラハケ尾根コースと合流します。

 

どちらのルートを通ってもここに出ます。

 

ここからはロープ場を通って「金の水」に行くか

 

普通の道をとおってキャンプセンターへ行くかです。

 

今回はキャンプセンターへ向かいます。

 

sIMG_2255.jpg

 

よく見ると案内があります。

 

分岐があって交差点になってるのでよく見て進みましょう。

 

sIMG_2257.jpg

 

金の水を通って仏頂山の方へ行くルートも面白いです。

 

それはまた次回へ。

 

sIMG_2258.jpg

 

時折案内が表示してあります。

 

sIMG_2260.jpg

 

キノコがいい感じです。

 

sIMG_2263.jpg

 

このあたりの苔が最高でした。

 

梅雨の時期はさらに綺麗な景色になりそうです。

 

sIMG_2264.jpg

 

キャンプ場近くに出ました。

 

ここから一気に山頂へ向かいます。

 

sIMG_2268.jpg

 

ちょっとワープですが山頂です。

 

雨の影響で水が貯まってました。

 

sIMG_2273.jpg

 

今日は晴れてとても気持ちいい日になりました。

 

sIMG_2274.jpg

 

雲は多いけど天気が良くなったので登山客は多いですね。

 

sIMG_2275.jpg

 

やっぱり山登りした際はこの景色が見たいものです。

 

この後、キャンプセンターで昼食を取って下山します。

 

下山ルートは猫谷コースです。

 

sIMG_2306.jpg

 

大きな岩です。

 

猫谷コースには大きな岩がゴロゴロしています。

 

sIMG_2318.jpg

 

当然滝も。

 

sIMG_2322.jpg

 

ロープ場もあるので滑らないように。

 

sIMG_2323.jpg

 

東側なので午後は日が陰ります。

 

早めの下山をお願いします。

 

sIMG_2325.jpg

 

先程の滝は爆音の滝です。

 

sIMG_2326.jpg

 

水がとても綺麗です。

 

sIMG_2328.jpg

 

どこを見ても癒やされます。

 

正面道と違った宝満山が楽しめます。

 

sIMG_2330.jpg

 

一輪だけ彼岸花が咲いてました。

 

もうそんな季節ですね。

 

sIMG_2334.jpg

 

大きな滝です。

 

sIMG_2337.jpg

 

きれいな滝です。

 

こういった景色が続きます。

 

sIMG_2339.jpg

 

やはりキノコもいいですね。

 

sIMG_2340.jpg

 

登山口まで到着です。

 

sIMG_2343.jpg

 

最後にもキノコ。

 

裏宝満山は滝にロープ場なども楽しめる

 

とてもお勧めルートです。

 

今回のコースと別のコースで歩きやすいコースもあるので

 

ぜひ裏宝満山も行ってみてください。

 

 

山行ログ

 

■猫谷登山口〜宝満山山頂〜キャンプセンター〜猫谷登山口■ 
9/18(祝)晴れ 
  
9:00 猫谷コース登山口 出発 
| 
9:10 シラハケ尾根コース登山口
| 
9:15 堤谷コース分岐
| 
10:50 シラハケ尾根コース合流
| 

11:50 宝満山山頂

(キャンプセンター休憩:1時間) 
| 
14:30 猫谷コース分岐より下山 
| 
15:10 爆音の滝 
| 
16:00 車谷登山口駐車場 到着 
  

※今回は大人数だったため登りは

写真などを撮りながら

ゆっくりペースでした。

含めて参考にしてください。

堤谷コースは初心者で

約2時間〜2時間半程度が想定タイムです。


総時間:7時間 
総距離:5.6Km 
高低差:566m

 

 

まさやん三郡山系(宝満山)23:47comments(0)|-
雪の宝満山

JUGEMテーマ:登山・トレッキング

 

くじゅうに行くつもりがまさかの大雪(@o@;)

高速道路は通行止めであえなく中止に。

そこで宝満山に変更!

 

 

が、思わず乗ってしまった都市高速の渋滞にハマる(ToT)

 

 

高速道路に3時間以上閉じ込められやっと到着...。

13時スタート。

 

sIMG_9426.jpg

 

さすが大雪の日、一の鳥居からこの感じ。

大体の人は家で休む大雪の日。

どれほど山が好きなのか(笑)

 

sIMG_9428.jpg

 

水場のつらら。

 

sIMG_9438.jpg

 

まだまだ雪は少ないほうかな。

 

sIMG_9439.jpg

 

百段ガンギも雪の中。

でもアイゼンはいらない感じ。

 

sIMG_9474.jpg

 

雪遊びができそうなくらい積もってきた。

 

sIMG_9447.jpg

 

中宮はひらけてるからか結構積もってる。

 

sIMG_9448.jpg

 

この辺りから少し深くなってくる。

 

sIMG_9472.jpg

 

場所によってはこの景色。

 

sIMG_9450.jpg

 

山頂に到着!

雪の上宮もいい感じ(^^)

 

sIMG_9452.jpg

 

三郡山系も雪の中。

でも去年よりは積もってないかな?

 

sIMG_9455.jpg

 

平地の雪は溶けちゃったみたい。

 

sIMG_9451.jpg

 

気温は、11度。

思ったよりも暖かい。

 

 

ここでカップラーメン。

冬は温かいものにかぎる(^^)

 

s2017-02-11 12.41.25.jpg

 

今日は、ジッポカイロがお供。

意外に長持ちだしオイルも安いし満足。

 

 

 

 

ここからちょっと雪遊び。

 

sIMG_9457.jpg

 

フィギュアを置いてみる。

 

sIMG_9458.jpg

 

sIMG_9462.jpg

 

ちょっと曇ってて明るさが足りなかったか(^^;

 

色々遊んで登り2時間。

帰り着いたのは17時半。

やっぱり雪は楽しい(^^)

 

今年はくじゅうに行けるかな。

 

 

 

 

まさやん三郡山系(宝満山)21:40comments(0)|-
難所ヶ滝の大つららを見に行く

JUGEMテーマ:山行記録

 

寒波到来ということで難所ヶ滝につららを見に行きました。

 

去年の大寒波の時を思い出すけど( 大寒波到来!難所ヶ滝へ!! )

 

そこまでは確実にないでしょう。(去年は道路も凍結してた)

 

 

いつものように昭和の森からスタート。

 

登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

登山渋滞に巻き込まれるのが嫌なので8時スタート。

 

(おおよそ9時出発が渋滞の目安ラインになります。

 

10時出発だと確実に渋滞に巻き込まれるでしょう)

 

つららシーズンの昭和の森駐車場

 

昭和の森の下の駐車場は8時の時点で約半分が埋まる感じ。

 

駐車場は先までのぼった上にもあり(ゲートを越える)

 

こちらの方が難所ヶ滝までの距離も近いですが

 

向かう道路が凍結する可能性がありますので注意してください。

 

今日は道路凍結は無さそうでした。

 

昭和の森の積雪

 

早速出発!

 

平地よりも雪がありテンションが上がる。

 

難所ヶ滝へ向かう途中の積雪

 

途中まで来るとそこそこの積雪が。

 

難所ヶ滝へ向かう途中のつらら

 

寒波2日目ということもありつららは成長途中。

 

 

約1時間10分で大つらら下の登り口まで到着。

 

ここから脇道にそれて本当の難所ヶ滝を見に行く。

 

本当の難所ヶ滝

 

ここが本当の難所ヶ滝です。

 

プレートもあります。

 

今回の目的地は「河原谷の大つらら」というのが名称で

 

通称として難所ヶ滝と呼んでいます。

 

こちらは来る人がいないので踏み跡もなくふかふかだった。

 

 

ここから10分とうとう大つらら到着です!

 

難所ヶ滝の大つらら(河原谷の大つらら)

 

前日までの情報であまり成長していなかったので

 

期待はしてなかったけど思ったよりも大きくなっていた。

 

横幅は無かったけれども下から見ると迫力がある。

 

大つらら下

 

下の方の氷の成長もそこそこで良い。

 

 

ある程度堪能して休憩をして下山。

 

この時の気温マイナス5度

 

ちなみに気温はマイナス5度。

 

休憩する方は防寒装備を必ず持参しましょう!

 

 

1時間ほど滞在し11時頃出発。

 

ふと見るとツアー客が登ってきていた。

 

大つららを見に来る人達の行列

 

撮影渋滞してる(>_<)

 

難所ヶ滝下は登りと下りが分かれているけど

 

そこから先は渋滞とのすれ違い。

 

帰る方も時間的に余裕を持って下山しましょう。

 

 

今回は用事があってピストンになったけど

 

余裕がある人は三郡山など稜線まで行けば

 

もっと雪が楽しめますよ。

 

 

最後にアイゼン(スパイク)必須です!

 

踏み跡でアイスバーンになります。

 

怪我をするおそれがあるのと同時に

 

渋滞の原因ともなります。

 

 

※午後に難所ヶ滝に来る方は気温上昇でつららが

溶けてくるので落下の可能性が上がります。

なるべく真下に入らないようにしましょう!

(過去に大量落下を目の前で見たことがあります)

 

 

山行ログ

 

■昭和に森〜難所ヶ滝〜昭和の森■
1/15(日)雪
 
8:20 昭和の森 下駐車場 出発

9:40 本当の難所ヶ滝

9:50 難所ヶ滝(河原谷の大つらら) 到着

(休憩)

11:00 難所ヶ滝(河原谷の大つらら) 出発

12:20 昭和の森 下駐車場 到着
 
総時間:4時間00分
総距離:5.8Km
高低差:504m

 

 

まさやん三郡山系(宝満山)23:50comments(0)|-
一番上へ戻る