RSS | ATOM | SEARCH
帆柱山から花尾山

JUGEMテーマ:山行記録

 

別件で小倉に用事があったのですが少し空きができたのでまだ未踏だった帆柱山と花尾山に行ってきました。

帆柱山と花尾山は皿倉山の隣の山で以前皿倉山に登ったときにいつかは登りたいと思っていた山です。

 

車は、帆柱公園駐車場に停めました。

今日は雪が降っているのからか冬なのに車も人も多いです。

もしかして上でソリでもするんでしょうか?

 

駐車場の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

ここも前は駐車場利用者が多くてなかなか停められませんでしたが、1年ほど前にようやく立体駐車場が完成して倍近くに増床されました。有料にはなりましたがかなり便利になりました。( 帆柱公園に立体駐車場 北九州市 台数増やし有料化|西日本新聞

たしか夜中は入庫できないので朝駆けには利用できないかも。

 

早速スタートします。

皿倉山登山口からそのまま入っていきます。

 

2019-01-27 10.19.37.jpg

 

登山道にも雪が残ってますね。

 

2019-01-27 10.23.02.jpg

 

やや一部 倒木で通行止めになっていました。

車道をまわります。

 

2019-01-27 10.32.40.jpg

 

少しずつ登るとだんだんと雪の量が増えていきますね。

 

2019-01-27 10.36.03.jpg

 

途中から皿倉山の登山道を離れて車道を進んでいきます。

 

2019-01-27 10.37.46.jpg

 

ひたすら歩きます。

 

2019-01-27 10.44.59.jpg

 

結構登ってきました。

ここまで30分。

 

2019-01-27 10.49.35.jpg

 

帰りはこの辺りに戻ってくる予定。

 

2019-01-27 10.49.58.jpg

 

皿倉山4合目「見巡松」まで来ました。

まだ更に先に進みます。

 

2019-01-27 11.00.08.jpg

 

かなり積もってきました。

深いところで5センチくらい積もってたかな。

 

2019-01-27 11.00.30.jpg

 

ここで5合目。

ここまで45分。

 

2019-01-27 11.02.14.jpg

 

残雪はあるけれども晴れてるので雪解けも早いかも。

溶ける前に登りたい。

 

2019-01-27 11.13.38.jpg

 

ようやく帆柱山の取付きまできました。

ここまで約1時間、ここからやっと登山道に入ります。

 

2019-01-27 11.13.59.jpg

 

積もってはいるけど歩きにくいほどでは無いです。

 

2019-01-27 11.17.46.jpg

 

ここ登ったら近道なのかな?

 

2019-01-27 11.20.07.jpg

 

権現山からくる道に合流したようです。

 

2019-01-27 11.21.04.jpg

 

こんな日でも結構歩いてる人はいるもんです。

 

2019-01-27 11.27.07.jpg

 

登山道に入ってから15分でようやくここまで来ました。

ここを登ると帆柱山山頂です。

 

2019-01-27 11.37.15.jpg

 

山頂到着です。

 

2019-01-27 11.36.40.jpg

 

景色はそこそこですね。

 

2019-01-27 11.41.26.jpg

 

山頂は思いの外広いのでここで昼休憩を取ります。

 

 

街が近いからかソフトバンクでも電波が入ります。

これは助かる。

 

20分ほど休憩をして花尾山に向かいます。

 

2019-01-27 12.06.13.jpg

 

15分で分岐まで来ました。

帰りはここを使う予定。

 

2019-01-27 12.08.19.jpg

 

ここかな?

 

2019-01-27 12.09.42.jpg

 

花尾城の跡なんですね。

知りませんでした。

 

2019-01-27 12.16.15.jpg

 

二ノ丸跡です。

少しひらけています。

 

2019-01-27 12.15.55.jpg

 

積もってますね。

上が楽しみです。

 

2019-01-27 12.19.25.jpg

 

山頂到着です。

花尾山、本丸城跡です。

雪が積もっていました。

正直天気が良かったので溶けてると思っていました。

 

2019-01-27 12.20.05.jpg

 

351mですね。

 

2019-01-27 12.20.27.jpg

 

何やら碑がありますね。

こちらの方が詳しく紹介されていました。

→ No57 花尾城|北九州市まちかど探検

どうやら上の碑は横から見てたようでした 汗

 

2019-01-27 12.20.50.jpg

 

向こう側のほうが展望が良さそうです。

 

2019-01-27 12.21.33.jpg

 

2019-01-27 12.21.39.jpg

 

なかなかの眺めです。

城があったのも頷けます。

 

2019-01-27 12.21.52.jpg

 

iPhoneのパノラマを使ってみました。

 

2019-01-27 12.30.56.jpg

 

二ノ郭と呼ばれる一段の下の広場です。

こちらは誰もいませんね。

 

2019-01-27 12.29.10.jpg

 

雪だるまを作りました。

顔が難しい。

 

2019-01-27 12.37.46.jpg

 

山頂を後にして下の休憩所があるところまで下りてきました。

 

2019-01-27 12.38.38.jpg

 

ここにも誰かの雪だるまがありました。

ここから5分ほどで分岐まで戻って見巡松のところに戻るルートに入ります。

 

2019-01-27 12.49.53.jpg

 

途中に「権現の泉」ってのがありました。

綺麗な水にはみえましたが飲んでません。

このルート結構荒れてる(?)ところがありました。

 

2019-01-27 12.55.48.jpg

 

山頂を出て20分くらいでここまで帰ってきました。

 

2019-01-27 10.49.35.jpg

 

行くときに通ったこの位置です。

ここからはまた来た道を戻って駐車場まで到着しました。

雪の日に行けたのでなかなか印象深い山になりました。

今度は皿倉山と権現山も含めて4座縦走をやってみたいです。

 

 

2019-01-27 17.46.32.jpg

 

■帆柱公園駐車場〜帆柱山山頂〜花尾山山頂〜帆柱公園駐車場■
1/27(日)晴れ

 

10:15 帆柱公園駐車場 出発

11:15 車道から登山道へ入る分岐

11:30 帆柱山山頂 到着


(休憩)

11:50 帆柱山山頂 出発

12:10 花尾山山頂 到着

(休憩)

12:35 花尾山山頂 出発


12:50 権現の泉


12:55 車道出会


13:15 帆柱公園駐車場 到着

 

総時間:3時間
総距離:8.9km
高低差:367m

 

 

2019-01-27 13.41.14.jpg

 

帰りに皿倉山を見たらかなり積もってそうでした。

みんなあれを見て来てるんではなかろうか?笑

 

 

まさやん福智山系と周辺20:58comments(0)|-
福智山系縦走(後編)

JUGEMテーマ:山行記録

 

福智山系縦走の後編になります。

 

福智山系縦走(前編)

 

s2017-05-07 13.23.41.jpg

 

福智山の山小屋で休憩をして出発です。

 

ひとまず尺岳を目指します。

 

s2017-05-07 13.50.58.jpg

 

尺岳平に到着。

 

小屋からは約30分です。

 

s2017-05-07 13.55.03.jpg

 

尺岳山頂に到着。

 

ここは景色が良くて好きなスポットです。

 

s2017-05-07 13.55.37.jpg

 

今日はちょっと白んでるかな。

 

s2017-05-07 13.55.57.jpg

 

遠賀方面。

 

s2017-05-07 14.02.32.jpg

 

白んでるけど薄っすら皿倉山が見える。

 

まだまだゴールは遠いです。

 

結構達成感はあるけど実はまだまだ半分です(汗

 

ここからの道は景色もあまり無く精神力との戦いです。

 

s2017-05-07 14.28.28.jpg

 

縦走路に下りてきて皿倉山を目指します。

 

s2017-05-07 14.35.18.jpg

 

伐採してあります。

 

不思議な光景。

 

s2017-05-07 14.57.19.jpg

 

田代分れに到着。

 

尺岳からは約40分。

 

s2017-05-07 15.29.01.jpg

 

観音越に到着。

 

田代分れから約30分。

 

ただただ森の中を進みます。

 

s2017-05-07 15.42.08.jpg

 

皿倉山までの地図です。

 

まだ山を2つほど越えていかないといけないようです。

 

s2017-05-07 16.15.42.jpg

 

縦走路の道はとても歩きやすいです。

 

迷うこともないでしょう。

 

s2017-05-07 16.41.57.jpg

 

田床峠に来ました。

 

観音峠からは約1時間弱。

 

s2017-05-07 16.50.02.jpg

 

皿倉山まで4.3キロの表示が出ました。

 

s2017-05-07 16.56.16.jpg

 

皿倉山のアンテナが見えました。

 

s2017-05-07 17.05.27.jpg

 

市ノ瀬峠に下りてきました。

 

田床峠からは約20分。

 

s2017-05-07 17.06.48.jpg

 

ベンチなどがあるのでここで最後の休憩。

 

いよいよ最後の登りです。

 

s2017-05-07 17.45.19.jpg

 

最後の登りはきつい。

 

s2017-05-07 17.50.47.jpg

 

ここの階段は悲鳴をあげそうです(汗

 

s2017-05-07 17.55.29.jpg

 

ようやく登り切りました。

 

少しの間よこよこの道です。

 

s2017-05-07 18.02.21.jpg

 

ヤマップの地図はがはみ出ました。

(※今は福智山系縦走の地図があるので問題ありません)

 

s2017-05-07 18.15.12.jpg

 

皿倉平に到着!

 

市ノ瀬峠からは約50分。

 

いよいよゴールが見えました。

 

s2017-05-07 18.25.17.jpg

 

ビジターセンターを通過します。

 

この辺りは以前に皿倉山に来た時にも

 

通過してるので問題なしです。

 

s2017-05-07 18.34.14.jpg

 

公園の中を通って最後の階段です。

 

s2017-05-07 18.43.40.jpg

 

皿倉山山頂に到着です!

 

s2017-05-07 18.39.27.jpg

 

もう夕方ですが...。

 

間に合ってよかった。

 

夜の装備も持ってきてたけど使わなくてよかった。

 

 

総時間は休憩も含めて約11時間。

 

休憩無しで9時間くらいでしょうか。

 

すごい充実感です。

 

距離的にも三郡縦走よりも長いのできついです。

 

道は歩きやすいので三郡縦走の次の目標におすすめです。

 

 

正直後半がきついです。

 

後半に景色がいい逆走もありですね。(楽ではないようですけど)

 

 

s2017-05-07 18.44.06.jpg

 

今年いっぱいで終わるスペースワールド。

 

最後に行きたいですね。

 

帰りは山頂のフードコートでカレーを食べました。

 

s2017-05-07 19.40.29.jpg

 

山頂からはケーブルカーで麓まで。

 

■ケーブルカー:片道420円

 

麓から八幡駅まで無料シャトルバスがあります。

 

 

無事最後まで終了です。

 

ただ僕はここから車で福岡まで帰りますが(汗

 

 

福智山縦走

※ログは新しいものに変更しています。

 

■JR採銅所駅〜福智山系縦走〜皿倉山■
5/7(日)晴れ
7:50 JR採銅所駅 出発
9:10 牛斬山 

11:30 福智山

(休憩)

13:50 尺岳

18:30 皿倉山 到着
総時間:10時間40分
総距離:25Km
高低差:805m
(累積標高:上2291 / 下1789)
まさやん福智山系と周辺00:40comments(0)|-
福智山系縦走(前編)

JUGEMテーマ:山行記録

 

ずっとやりたかった福知山系縦走。

 

福岡市から遠いこともあって敬遠してたけど

 

経験者の方の引率が実現したので参加してきました。

 

今回は未経験者が多いので時間は10〜11時間程度を

 

見込んでいます。(トレランだと3時間くらいで...汗)

 

出発はJR採銅所駅からです。

 

皿倉山を目指します。

 

距離は約25キロです。

 

s2017-05-07 07.49.44.jpg

 

帰りのことを考えて車は八幡駅の立体駐車場に停めました。

 

■八幡駅立体駐車場:24H・500円(2017.5現在)

 

ここからJRで採銅所駅へ向かいます。

 

途中乗り換えがあるのでよく調べてからお乗りください。

 

■八幡駅→西小倉駅(乗換)→採銅所駅:740円(2017.5現在)

 

約1時間半かかりますのでこれも計算に入れてください。

 

今日は6:19発に乗って7:38に採銅所駅に到着しました。

 

 

ここからいよいよスタートです。

 

s2017-05-07 07.51.43.jpg

 

天気も良く春ですね。

 

ここから長い道のりがスタートします。

 

とりあえず牛斬山を目指します。

 

s2017-05-07 08.44.38.jpg

 

ここは比較的歩きやすい道です。

 

s2017-05-07 08.56.08.jpg

 

縦走路に出ました。

 

牛斬山にはいく必要はなかったけど景色が見たいので寄りました。

 

s2017-05-07 09.00.08.jpg

 

山頂に到着。

 

ここまで約1時間10分です。

 

s2017-05-07 09.06.56.jpg

 

香春岳の無くなっていく山が見えます。

 

s2017-05-07 09.23.56.jpg

 

先へ進みます。

 

ひとまずあの丘を越えないといけません。

 

先が見えるというのも残酷です(笑)

 

s2017-05-07 09.36.26.jpg

 

約30分で峠に到着。

 

ところどころで休みながら行くのがポイントです。

 

s2017-05-07 09.43.09.jpg

 

木の切れ間に道が見えます。

 

奥の山にも線が...。

 

s2017-05-07 09.56.13.jpg

 

ここを見たときはやばいと...汗。

 

道は歩きやすいので比較的行けます。

 

s2017-05-07 10.06.24.jpg

 

登りきったところに展望スペースがあり。

 

s2017-05-07 10.06.42.jpg

 

赤牟田の辻というポイントです。(旧 焼立山)

 

前回の峠から約30分。

 

30分おきに休んでいくというのもありです。

 

s2017-05-07 10.22.13.jpg

 

あの遠くに見えるのが福智山かな?

 

s2017-05-07 10.22.36.jpg

 

近いような遠いような。

 

s2017-05-07 10.25.56.jpg

 

ここから一旦下ります。

 

ここはすごい急勾配なのでゆっくり下りましょう。

 

そして下るということは登るということ...。

 

s2017-05-07 10.35.16.jpg

 

涼しい木陰ポイントを通過。

 

s2017-05-07 10.50.50.jpg

 

縦走路は歩きやすくて気持ちいい。

 

s2017-05-07 11.22.19.jpg

 

いよいよ到着です。

 

s2017-05-07 11.34.54.jpg

 

結構人がいますね。

 

s2017-05-07 11.37.19.jpg

 

福智山山頂に到着です。

 

赤牟田の辻からは約1時間、スタートからは3時間半です。

 

ここまできてまだ3分の1を越えた程度、半分はまだです。

 

 

ここで昼休憩を取ります。

 

ここから少し下ったところの山小屋前で休憩です。

 

ここには水もトイレもあります。

 

s2017-05-07 12.21.16.jpg

 

1時間弱程度休憩を取って後半へ出発します。

 

 

福智山系縦走(後編)

 

 

 

まさやん福智山系と周辺23:30comments(0)|-
雲取山

JUGEMテーマ:山行記録

 

雲取山と言うと奥秩父の日本百名山が有名ですが

 

福岡にも雲取山があります。

 

福岡の雲取山は福智山山系にあります。

 

雲取山単独登山の場合は内ヶ磯ダム駐車場がおすすめです。

 

福智山の方の縦走路から下りてくることもできます。

 

登山口の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

今回は福智山まで周る予定だけど

 

内ヶ磯ダムをスタートにしました。

 

ssIMG_0447.jpg

 

小春日和でとても気持ちい日になりました。

 

と気分良かったのも最初だけ...

 

いきなりの急登!

 

そして道迷い...

 

ssIMG_0451.jpg

 

テープはあるけど分かりにくい。

 

とりあえずテープがあることを確認しながら

 

稜線を目指して上へ上へ。

 

このときに役に立ったのがYAMAPというアプリです。

 

これで地図を見ながら進みます。

 

ssIMG_0452.jpg

 

かなりの急騰で道も荒れてすでに分からなくなっています。

 

YAMAPを頼りに時折あるテープを辿って上へ。

 

 

途中で下りてきてる人と会う。

 

話を聞いてみると道が分からなくなったから

 

諦めて下りてきてるとのこと。

 

大丈夫だろうか?

 

とりあえず挨拶をして先に進む。

 

ssIMG_0453.jpg

 

ロープがありました。

 

道に来たという証拠。

 

ssIMG_0457.jpg

 

ちょっとゆるくなったか...

 

ssIMG_0458.jpg

 

と思ったらまたロープ(汗

 

ssIMG_0461.jpg

 

やっと到着です。雲取山山頂。

 

ここまで1時間半くらいでしょうか。

 

迷わなければもう少し早く来れそう。

 

雲取山

 

グラフを見ると最初の急勾配がヤバい。

 

距離の割に時間がかかります。

 

 

ここで休憩を取って福智山へ。

 

 

縦走路経由で福智山を目指します。

 

ssIMG_0468.jpg

 

縦走路に出ました。

 

ssIMG_0470.jpg

 

過去にも休憩したこともある豊前越を通過。

 

雲取山から30〜40分くらい。

 

ssIMG_0474.jpg

 

山頂下の荒宿荘まで到着。

 

ここで水を補給して山頂へ。

 

ssIMG_0475.jpg

 

途中の景色がいいですね〜

 

雲取山も見えます。

 

少し向こうに見えるのは尺岳かな。

 

ssIMG_0485.jpg

 

福智山山頂に到着。

 

ssIMG_0483.jpg

 

ちょっとガスってるもののいい景色です。

 

少し休憩して下山。

 

福智山ダム経由で下山します。

 

ssIMG_0487.jpg

 

少し下から見る景色もいい。

 

ssIMG_0488.jpg

 

春ですね。

 

ssIMG_0492.jpg

 

だいぶ下りてきました。

 

こちらはメジャーなルートのため道迷いは無いですね。

 

無事到着です。

 

ssIMG_0499.jpg

 

ssIMG_0501.jpg

 

一面に花が綺麗でした♪

 

 

このルートで登る雲取山はあまりおすすめしないです。

 

縦走路から下りてきたほうがいいのではないかなあと思います。

 

登られる方はYAMAPのような登山アプリか地図を持参ください。

 

 

山行ログ

 

■内ヶ磯ダム駐車場〜雲取山〜福智山〜内ヶ磯ダム駐車場■ 
5/2(火)晴れ 
  
10:20 内ヶ磯ダム駐車場 出発 
| 
12:00 雲取山 到着
|  
(休憩) 
| 
13:00 雲取山 出発 
| 
13:40 豊前越 

14:40 福智山 到着
| 

(休憩) 
| 

15:40 福智山 出発
| 
17:10 内ヶ磯ダム駐車場 到着

総時間:6時間50分 
総距離:11.6Km 
高低差:813m

 

 

まさやん福智山系と周辺23:34comments(0)|-
福智山の七重の滝巡り

JUGEMテーマ:山行記録

 

今回は8人で福智山へ。

 

涼しいところが良いというのがポイント♪

 

スタートは鱒渕ダム。

 

ダム横の路肩に駐車するつもりが

 

8時の時点でなかなかの車の数。

 

仕方ないので近くの鱒渕公園に駐車。

 

登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

こちら側には車は無し。

 

ここから歩道橋を上って登山口まで。

 

鱒渕ダム横の道

 

その後はダム横をずっと進む。

 

登山口に到着。

 

のんびり来たので約1時間かかった。

 

距離は駐車場から約2.5キロ程度。

 

ここから登山道に入っていく。

 

福智山の渡渉ポイント

 

途中、渡渉あり。

 

福智山の滝

 

いよいよ滝が現れた。

 

滝巡りのはじまり。

 

福智山の鎖場ポイント

 

ここから先は鎖場などもあり。

 

今日は雨で増水しているので色んな所で渡渉があった。

 

どうしても渡れないところは水に入るしかない。

 

 

いろいろあったものの約2時間でメインに到着。

 

七重の滝

 

「七の滝」に到着。

 

写真だと分かりにくいけどなかなか大きい。

 

20mくらいはありそう。

 

少しゆっくりした後、先に進む。

 

福智山の沢場

 

沢横をしばし進んでもう少しで縦走路に出る。

 

福智山の朽ちた橋ポイント

 

途中の朽ちた橋などの雰囲気も良い。

 

 

わいわいしながらかなりゆっくり登ってきたので

 

縦走路到着時に約3時間でちょうどお昼ごろ。

 

ここにはベンチとテーブルがあるのでここで昼食。

 

 

昼食後ゆっくりしてたら雨が...、

 

かなり大粒のものが降ってきたので山頂は諦め下山。

 

山頂はまた来よう。

 

グループ登山の楽しさを再認識した1日でした。

 

 

山行ログ

 

総時間:6時間45分
総距離:11.4Km
高低差:493m

 

 

まさやん福智山系と周辺23:58comments(0)|-
一番上へ戻る