RSS | ATOM | SEARCH
矢筈山(初)クリスマス会

JUGEMテーマ:ファミリーキャンプ

 

門司の矢筈山でクリスマス会があるということで行ってきました。

 

矢筈山は初めての山でいつかは行きたいと思っていたのでちょうどよかった。ついでに風師山も登る予定だったけど生憎の雨。しかたないので矢筈山だけゲットしに行ってきました。

 

駐車場の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

s2019-12-22 11.05.22.jpg

 

車は小森江子供のもり公園へ、10台くらい停めれそうです。

 

s2019-12-22 11.17.43.jpg

 

s2019-12-22 11.17.14.jpg

 

昔の貯水池遺跡のようです。

 

雨の中、傘を指してキャンプ場に向かいます。

 

s2019-12-22 11.24.39.jpg

 

途中まで舗装路、途中から土道に変わります。

けど特に荒れてる様子もなく歩きやすいです。

 

s2019-12-22 11.33.02.jpg

 

風師山との分岐に到着しました。

左が風師山、右が目的地のキャンプ場です。

 

s2019-12-22 11.48.00.jpg

 

駐車場から約30分くらいで到着しました。

矢筈山はキャンプ場で堡塁跡が有名。本当は門司の方から風師山経由で向かうのも面白いかなと思っていたけど雨なのでぴゅーっと直接キャンプ場に行きました。

 

s2019-12-22 11.49.38-1.jpg

 

これが保塁跡ですね。

なかなか迫力があります。ここを部屋として一般に貸してくれます。夏はキャンプをできるスペースも有り、冬はここを使用することができるようです。詳しくは下記へ。

 

矢筈山キャンプ場

 

s2019-12-22 11.53.51-1.jpg

 

早速中にはいると広いですね。

二部屋だけは薪ストーブがあって使用することが出来ます。(薪は有料)

 

s2019-12-22 11.53.51-2.jpg

 

薪をくべてお湯などを沸かしても良いです。

これがあるとかなり暖かい。

 

s2019-12-22 11.53.52-1.jpg

 

薪割りをしてストーブに投入。

初めての人はなかなか難しそう。

 

s2019-12-22 11.53.53-1.jpg

 

ストーブの上で鍋を作ります。

 

s2019-12-22 11.53.54-1.jpg

 

宴会の準備が完成です。

 

s2019-12-22 11.55.16-1.jpg

 

あったまります。

ほどよくお腹も満たされたので矢筈山に行ってみます。

 

s2019-12-22 12.32.16.jpg

 

保塁跡のほぼ上にあります。3分で頂上でした(笑

 

s2019-12-22 12.32.45-1.jpg

 

矢筈山 266m ですね。

 

s2019-12-22 12.33.11.jpg

 

夏はキャンプファイヤーでもしてそうです。

 

s2019-12-22 12.33.12.jpg

 

周りの景色も結構遠くまで見渡せます。

 

s2019-12-22 12.33.13.jpg

 

展望台のようなところから小倉方面は見えるようだけど関門橋の方面は見えないようでした。一瞬花火が見えるかなと思ったけどここからは無理そうでした。でも夜は夜景が奇麗そうですね。

 

s2019-12-22 12.36.48-1.jpg

 

少し雨が弱くなってきたので戻って撮影をしたいですね。

以前に作ったロボット兵を持ってきていたのでフィギュア撮影です。

 

s2019-12-22 12.36.48-2.jpg

 

撮影を始めたらまた降ってきたので1枚だけにしました。堡塁の雰囲気とロボット兵がラピュタ的で合います。

カメラのバッテリーが切れてしまったのでiPhoneでの撮影(ポートレートモード)、意外に撮れますね(笑)

 

s2019-12-22 12.37.53.jpg

 

戻ったらおやつタイム。

 

s2019-12-22 12.47.01-1.jpg

 

そしてインサイダーゲームというのをやりました。これは面白いゲームですね。

 

それなりに3時間ほどゆっくりして下山。とても楽しいクリスマス会になりました。今度は夏にでもキャンプに来たいなと思いました。

 

s2019-12-22 20.27.20-1.jpg

 

結局最後まで雨でした(笑

 

 

まさやんちょっと遠出22:29comments(0)|-
カラ迫岳〜熊渡山(くまどやま)縦走(周回)

JUGEMテーマ:山行記録

 

福岡県の山の標高トップ20に入っている熊渡山が前から気になっていたので言ってきました。

 

熊渡山は標高トップ16位です。(15位:金山・17位:雷山)

前々から気になっていたけどやっと行けたのはやっぱり遠いから。八女ICから1時間以上もかかる。うきはの方から行ったら少し近いかな?なのでなかなか行けなかったです。今回は数人(車1台)で行ってきました。

 

s2019-12-15 08.10.58.jpg

 

熊渡山は大分側からも登れるのですがそっちから登るとすぐに終わってしまうので今回はカラ迫岳から縦走してきました。流石に奥八女まで行ってすぐには帰りたくないですもんね。カラ迫岳は以前に登ったことがあるのですがその時はブログをしていなかったのでカラ迫岳も今回初記事になります。

 

駐車場の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

地図で見てもなかなか奥の方ですね。星野村よりも更に奥になります。

 

s2019-12-15 08.11.34.jpg

 

駐車スペースの右側に舗装された坂道があってここから入っていきます。

 

s2019-12-15 08.12.26.jpg

 

しっかり登山道入口の案内もあります。道は歩きやすくて比較的安心です。

 

s2019-12-15 08.12.34.jpg

 

入口のところに案内板がありました。昔の久留米と日田の国境になっていたので目印の石が埋まっていると言うことです。貴重な遺産です。

 

s2019-12-15 08.24.26.jpg

 

しっかり整備されています。ちょっと一気に登るので前半キツいです。

 

s2019-12-15 08.30.26.jpg

 

結構登ります。道は分かりやすいので迷うことはないでしょう。

 

s2019-12-15 08.35.18.jpg

 

堀穴がありました。昔の金鉱跡です。金はもう出ないでしょうね。中に入れないように柵がしてあります。

 

s2019-12-15 08.55.03.jpg

 

尾根まで出ました。約45分かかりました。国境石群の案内があります。

 

s2019-12-15 09.09.35.jpg

 

ありました、国境石です。ちょっと古いので書いてないとぱっと見わからないかもですね。

 

s2019-12-15 09.10.35.jpg

 

登りになりました。そろそろ山頂下まで来てます。

 

s2019-12-15 09.13.10.jpg

 

山頂に到着です。約1時間ですね。思ったよりも早めに到着できました。

 

s2019-12-15 09.13.57.jpg

 

やっぱりここからの景色はいいですね。360度のパノラマです。しかし遮るものがないので風が強い。

 

s2019-12-15 09.17.43.jpg

 

気温は1度くらいです。風のせいで寒く感じます。

 

s2019-12-15 09.16.58.jpg

 

ポストが新しくなっているような?(前は木だったような気も)ノートあります。

ちなみにですがカラ迫岳はつい20年くらい前までは認識されていなかったみたいですね。熊渡山のほうは前からあって、よく調べたらこっちのピークのほうが高いねってなって公募で募集してカラ迫岳になったらしいです。いろいろ不思議な由縁があるものですね。調べると面白いです。

 

山頂は寒くて狭いのでここは下ります。縦走路を通って熊渡山を目指します。ひとまず登ってきた方向に少し下りると縦走路があります。

 

s2019-12-15 09.35.26.jpg

 

縦走路の方はあまり人が通らないからか荒れてますね。しかし尾根に沿って歩けばいいので迷うことはないでしょう。

 

s2019-12-15 10.32.15.jpg

 

途中、木の傾きがすごいところがありました。風が強いんでしょうね。

 

s2019-12-15 11.07.50.jpg

 

途中にも国境石がありました。ここも欠けてる感じです。

途中にピークもあったのですが基本的にはまっすぐに向かう感じです。何度かあれが熊渡山かな?と騙されながらやってきました(笑

 

s2019-12-15 11.14.22.jpg

 

熊渡山の山頂に到着です。カラ迫岳から約1時間45分ですかね。結構かかりました。

 

s2019-12-15 11.14.32.jpg

 

「熊渡山 960.2m」とあります。

ここで昼休憩を取りました。アップダウンがちょこちょこあって少し疲れましたね。

 

熊渡山標高グラフ-1

 

途中に名もなきピークがあるようでしたが行ってみたけど何もありませんでした。

 

目標は達成したので下山します。来た道を帰る事もできたのですが今回は途中から林道の方に下りて周回にしました。

 

s2019-12-15 12.13.41.jpg

 

この案内があるところから縦走路をはずれます。

 

s2019-12-15 12.18.32.jpg

 

道は比較的分かりやすい広い道でした。何かの作業道だったような感じすらします。

 

s2019-12-15 12.26.55.jpg

 

しかし途中から荒れまくりで道も不明瞭になってきました。YAMAPの地図があったのでそれを頼りに下っていきます。(道が分からないわけではなく地図はなくてもその方向に向かうことは出来ます)

 

s2019-12-15 12.35.55.jpg

 

ちょっと石ごろごろ地帯ですね。

 

s2019-12-15 12.41.05.jpg

 

道なんですが草がぼうぼうで歩きにくい道ですね。冬でこれなら夏はヤバそうです。

 

s2019-12-15 12.49.42.jpg

 

ようやく開けました。

 

s2019-12-15 13.01.51.jpg

 

やっと舗装路に合流しました。縦走路から曲がって約45分程度ですが荒れていたのでもっとかかっている印象でした。ここからは舗装路を歩きます。

 

s2019-12-15 13.14.18.jpg

 

林業関係者が通る道でしょうか?車の轍はあるので使っている人がいるのでしょう。

 

s2019-12-15 13.29.21.jpg

 

ヤマメの里「エノハ荘」まで来ました。民宿などもやっているところです。気になる方はこちらから → 星野村・やまめの里 エノハ荘

 

s2019-12-15 13.41.21.jpg

 

かなり下ってきました。ここまで来て気づいたのですが登り返しがキツいみたいです。なんとなくピストンの方が良かったような...。ここまで来たらメンバーにも言えません(笑

 

熊渡山標高グラフ-2

 

舗装路とは言え200mくらい登り返します。というか舗装路なので足が痛い。選択を間違えました。

 

s2019-12-15 13.49.53.jpg

 

ひたすら登ります。

 

s2019-12-15 14.03.04.jpg

 

登山口まで1.5キロです。やっとここまで来ました。この後20分くらいでやっと登山口まで到着しました。

舗装路に入ってから1時間半ですね。熊渡山から約2時間半です。ピストン折返しだと3時間はかかると思うので、こっちの方が30分くらいは早く着くかもです。どちらからでも楽ではないかもですね(笑

 

s2019-12-15 22.37.03.jpg

 

これで16位「熊渡山」ゲットです。あと残すは「大塚山」と「猿駈山」になりました。どちらも1時間くらいで登れそうなので次回は2つ一緒に登ってトップ20をクリアしたいと思います。(黄色はすでに登っている山です)

 

 

s2019-12-15 15.57.23.jpg

 

帰りは「きらら」で一服して帰りました。やっぱり山の最後にはこれがないと!

 

 

熊渡山

 

■カラ迫岳登山口〜カラ迫岳山頂〜熊渡山山頂〜カラ迫岳登山口■
12/15(日)晴れ

 

8:10 カラ迫岳登山口 出発

8:55 尾根に合流

9:10 カラ迫岳山頂 到着

(小休憩)

9:30 カラ迫岳山頂 出発


11:15 熊渡山山頂 到着


(昼休憩)

12:00 熊渡山山頂 出発


12:15 尾根から分岐


13:00 舗装路に合流


14:30 カラ迫岳登山口 到着

 

総時間:6時間20分
総距離:12.0Km
高低差:512m

 

 

まさやんちょっと遠出22:24comments(0)|-
ガイド本最後の山「関の山 - 大山」

JUGEMテーマ:山行記録

 

ようやくガイドブック「福岡県の低山歩き(上)」の最後の山「関の山 - 大山」に登ってきました。

 

以前に駐車場だけは確認していたのだけど数年放置していました笑

やっと行くことができてよかったです。

 

2019-05-19 08.24.12.jpg

 

駐車場には早めに着いたけれども解錠をされている途中でしたが入れてもらいました。

 

登山口の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

早速車を停めてスタートです。

 

2019-05-19 15.30.55.jpg

 

この低山歩きの本です。

 

 

もう新規で販売されてないからですかね?アマゾンだとめちゃめちゃプレミアが付いているようです(^^;(※下巻は普通の価格です)

 

2019-05-19 15.31.20.jpg

 

ここが最後になるとは感慨深い。距離もそんなに遠いわけではないんですけどなんか最後になってしましました。

 

2019-05-19 08.24.30.jpg

 

駐車場は8時半から夕方5時まで。特に帰りは気をつけましょう。(朝駆けはできないのかな?)

 

2019-05-19 08.28.07.jpg

 

トイレの横から上に上がってチェーンの横を通って入っていきます。歩きやすい道が続きます。

 

2019-05-19 08.33.06.jpg

 

ちょっと荒れてきました?

 

2019-05-19 08.35.31.jpg

 

窯跡の案内がありました。大正時代からあるようです。戦後くらいまではなにかしら使われていたようですね。

 

2019-05-19 08.38.10.jpg

 

三合目きました。こういうのはいいですね。

 

2019-05-19 08.40.28.jpg

 

お、十本杉とありました。

 

2019-05-19 08.40.54.jpg

 

おおよそ10分で分岐に出たようです。ひとまず先に左の大山のほうを目指します。

 

2019-05-19 08.42.10.jpg

 

これ埋めたんですかね?

 

2019-05-19 08.44.27.jpg

 

どうやら尾根に出たようです。「関の山越え」と言って反対側に下りる事もできるようですね。ここは左です。

 

2019-05-19 08.47.17.jpg

 

すごく歩きやすい尾根道です。

 

2019-05-19 08.49.38.jpg

 

とりあえず金石山というところに着きました。

 

2019-05-19 08.51.01.jpg

 

特に何かがあるという感じではなかったです。ちょっと奥の方に行ってみようかと思ったけど草が茂っていたので途中で諦めました。

 

2019-05-19 08.57.52.jpg

 

金石山から10分くらいで広場に出ました。

 

2019-05-19 08.58.06.jpg

 

三角点ありました。

 

2019-05-19 08.58.26.jpg

 

ここが大山ですね。

ベンチもあっていい感じです。登りはじめておおよそ30分くらいで到着しました。

 

2019-05-19 08.58.50.jpg

 

2019-05-19 08.59.50.jpg

 

ちょっと天気が悪いのが残念ですが景色もいいですね。少しだけ休憩して関の山を目指します。ここから先の方へも行ける感じでしたが今日は目的があるので引き返します。

 

2019-05-19 09.11.19.jpg

 

引き返してまっすぐっ進みます。800メートルの案内がありました。意外にありますね。

 

2019-05-19 09.13.03.jpg

 

一旦小ピークのようなところに出ました。ベンチもあって綺麗に整備してありますね。

 

2019-05-19 09.17.42.jpg

 

ここから先はひたすら登りますね。

 

2019-05-19 09.19.50.jpg

 

流石にみんなキツいみたい汗

 

2019-05-19 09.23.21.jpg

 

まだまだ登りますよ。

 

2019-05-19 09.24.53.jpg

 

あ、見えてきました。小ピークから約10分の登りですがかなり遠くに感じました笑

 

2019-05-19 09.26.02.jpg

 

これはよく見る景色ですね。天気が良ければ...。

 

2019-05-19 09.26.42.jpg

 

関の山到着です。

大山から約25分ですかね。でも登りなのでもっとかかってる感じでした。

 

2019-05-19 09.29.18.jpg

 

2019-05-19 09.29.38.jpg

 

広場も広くて景色がかなりいいですね。これはおすすめの山になりそうです。これだけ広いと地元の遠足でも来てそうですね。

 

2019-05-19 09.27.06.jpg

 

360度の景色とはこれですね。案内もしっかりあるので見比べて楽しめます。

 

今日は風が強かったので山頂ではあまり休憩せず下りることにしました。

 

2019-05-19 09.41.07.jpg

 

ちょっと分かりにくいですが帰りは別のルートで下ります。最初の駐車場に直で向かいます。

 

2019-05-19 09.41.50.jpg

 

道はところどころ分かりにくかったりしますがよく探すとロープなりが張ってあります。

 

2019-05-19 09.47.28.jpg

 

分岐ですね。

 

2019-05-19 09.52.54-1.jpg

 

小ピークに出ました。

 

2019-05-19 09.56.11.jpg

 

こういうところを下っていきます。(道は分かります)

 

2019-05-19 10.00.08.jpg

 

最初に登った舗装路の横に出ました。

 

2019-05-19 10.00.44.jpg

 

この右側から出てきました。

 

2019-05-19 10.01.50.jpg

 

駐車場に到着です。

結構車が増えてますね。登ってるときには誰とも会わなかったのですが。

 

2019-05-19 10.07.10.jpg

 

靴が洗えるのは助かりますね。

登山口も整備されていてすごくいいお山でした。また来たいと思います。

 

 

2019-06-19 18.18.48.jpg

 

■関の山登山口〜金石山山頂〜大山山頂〜関の山山頂〜関の山登山口■
5/19(日)曇り

 

8:30 関の山登山口 出発

8:45 尾根分岐

8:50 金石山


9:00 大山


9:15 見晴らしの丘


9:25 関の山 到着


(休憩)

9:40 関の山 出発


10:00 関の山登山口 到着

 

総時間:1時間半
総距離:4.7Km
高低差:395m

 

 

まさやんちょっと遠出21:20comments(0)|-
馬頭岳に再挑戦

JUGEMテーマ:山登り

 

以前 登山口を間違えて登れていなかった馬頭岳 へ行っていました。

 

今回は裏の方の峠の方から行ってみました。

ほんとは隣の山も一緒に登る予定でしたが

今回は登りませんでした。

 

登山口や周辺には駐車場は無いのでかなり遠くに停めてから歩いてきました。

 

s2018-12-01 13.49.18.jpg

 

ここから隣の山に登れそうです。

記録しておこうと思います。

 

s2018-12-01 13.48.20.jpg

 

この辺りからも馬頭岳に行けそうなんですが迷いそうなので今回はパスしました。

 

s2018-12-01 13.36.10.jpg

 

昔の小学校の跡ですね。

 

ここから登山口の方へ入っていきます。

 

s2018-12-01 13.21.43.jpg

 

住宅地を入って奥の方にあります。

ちょっと分かりにくいです。

もしかしたら敷地内なのかもという感じでした。

 

登山口の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

標識みたいなものは見つけれなかったのですが事前に調べていた場所から登ります。

こういった際にYAMAPが役に立ちますね。

今はもうスマホアプリが無いと困るくらいに普及しました。

 

s2018-12-01 13.18.40.jpg

 

少し荒れてるけど歩けるほどの道です。

迷いは無い感じです。

 

20〜30分で展望台に到着しました。

稜線に出るまでも20分程度です。

 

s2018-12-01 13.08.57.jpg

 

大きな展望台です。

 

s2018-12-01 13.09.21.jpg

 

ちょっと木が邪魔ですが景色はよいです。

 

s2018-12-01 13.09.50.jpg

 

軽く休憩はできますね。

 

s2018-12-01 13.09.35.jpg

 

案内板は読めない感じ...

 

あとにして山頂へ。

5分位で展望の良さそうな場所へ。

 

s2018-12-01 13.00.56.jpg

 

開けてます。

 

s2018-12-01 13.02.51.jpg

 

手前に山はありますが景色はよいです。

 

s2018-12-01 12.58.14.jpg

 

あと300mですね。

 

s2018-12-01 12.58.09.jpg

 

分岐を通過。

 

s2018-12-01 12.37.57.jpg

 

山頂に到着です。

特に展望はありません。

ある程度広さはあります。

 

s2018-12-01 12.37.03.jpg

 

209mですね。

この先にも稜線は続いていますが行けないようです。

ここから引き返して今日は終了です。

 

登り始めから小1時間位でしょうか。

比較的登りやすくていいお山でした。

今度はまた違ったルートで。

 

 

まさやんちょっと遠出20:07comments(0)|-
馬ヶ岳から御所ヶ岳を周回

JUGEMテーマ:山行記録

 

行橋の馬ヶ岳と御所ヶ岳を周回してきました。

 

ここはガイドブックの「福岡県の山」に載っています。

これを全て登るのが目標だったのですがとうとうこの山で最後になります。

 

s2018-11-18 10.48.08.jpg

 

この本は2年前に改定になっていて一部山が替わっていました。

旧版の方も2年前に全て登っています。

→ 三国山〜国見山

 

新版の方もこれで最後となります。

 

 

早速行橋へ。

馬ヶ岳は少し離れたところに登山口駐車場があります。

 

s2018-11-18 10.50.01.jpg

 

みやこ処理場(ごみ処理場)の更に奥にあります。

10台くらいは停めれそうです。

 

登山口の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

この場所から時計回りに馬ヶ岳、御所ヶ岳を目指します。

 

s2018-11-18 10.50.09.jpg

 

駐車場を出ると案内とパンフレットがあります。

町がしっかり管理してますね。

好感が持てます。

 

s2018-11-18 10.50.27.jpg

 

この赤線のとおりに進みます。

一度、道路と林道をを経由して登山口に向かいます。

 

s2018-11-18 10.50.15.jpg

 

s2018-11-18 10.51.06.jpg

 

パンフレットもいいですね。

頂きました。

 

s2018-11-18 10.58.46.jpg

 

駐車場から出てごみ処理場の方へ下っていくと入り口があります。

 

s2018-11-18 11.03.04.jpg

 

作業道のようなところを経由して、

 

s2018-11-18 11.04.17.jpg

 

案内が有りました。

基本的には迷うところは無さそうです。

 

s2018-11-18 11.07.57.jpg

 

駐車場から15分くらいで登山口に到着。

駐車場はありません。

 

s2018-11-18 11.08.08.jpg

 

ここにトイレがありました。

駐車場にはトイレがないので助かります。

 

階段から登っていってスタートです。

 

s2018-11-18 11.10.50.jpg

 

道は綺麗に整備されていて歩きやすいです。

 

s2018-11-18 11.16.40.jpg

 

遺跡の説明がありますね。

戦国時代のお城があったというのが分かります。

 

s2018-11-18 11.23.37.jpg

 

階段が続きます。

登りますね(汗

 

s2018-11-18 11.31.28.jpg

 

もう少し登ると広場に出ました。

展望台のようです。

登山口から約15〜20分くらいでしょう。

 

s2018-11-18 11.24.39.jpg

 

眺めはいいですね。

天気が良ければよかったですが。

 

s2018-11-18 11.31.48.jpg

 

「太閤岩」「官兵衛岩」「又兵衛岩」と名付けられている岩があります。

 

s2018-11-18 11.35.16.jpg

 

展望台を出て更に階段を登ります。

ひたすら登りが続くので結構キツい山ですね。

 

s2018-11-18 11.42.21.jpg

 

10分ほどでひらけました。

二ノ丸跡というところに着いたようです。

 

s2018-11-18 11.42.39.jpg

 

ここも景色がいいです。

平尾台の方まで見渡せます。

 

s2018-11-18 11.42.53.jpg

 

祠の方角が貫山かな。

 

s2018-11-18 11.44.59.jpg

 

ここから一旦下ります。

 

s2018-11-18 11.46.52.jpg

 

そしてまた登る。

 

s2018-11-18 11.49.50.jpg

 

馬ヶ岳山頂に到着しました。

登山口から約40分でした。

 

s2018-11-18 11.50.10.jpg

 

かなりいい眺めですね。

 

s2018-11-18 11.50.38.jpg

 

遠くまで見渡せます。

 

10分ほど休憩をして今度は御所ヶ岳を目指します。

稜線沿いに繋がっているので登り口とは反対側へ下りていきます。

 

s2018-11-18 11.55.34.jpg

 

案内はしっかりしているので迷うことは無いですね。

 

s2018-11-18 11.59.26.jpg

 

こちらの方へ来る人が少ないのか縦走路は若干野性味があります。

 

s2018-11-18 12.04.56.jpg

 

随所に案内があるので助かります。

 

s2018-11-18 12.13.10.jpg

 

ホトギ山という案内の方へ登っていきます。

ちょっと分かりにくいもののこの急騰を上がります。

あとで気づいたけど御所ヶ岳がホトギ山っぽい。

昔の名前かな?

 

s2018-11-18 12.18.37.jpg

 

えらい登る(汗

 

s2018-11-18 12.31.50.jpg

 

見えました。

 

s2018-11-18 12.36.24.jpg

 

御所ヶ岳山頂に到着。

馬ヶ岳から約30分でした。

 

s2018-11-18 12.36.00.jpg

 

振り返ると手前の山が馬ヶ岳。

 

s2018-11-18 12.36.13.jpg

 

ここも眺めがいいですね。

 

s2018-11-18 12.32.17.jpg

 

三等三角点ありました。

 

10分ほど軽食をとって下山します。

 

s2018-11-18 12.42.49.jpg

 

御所ヶ岳登山口の方へ下ります。

ここにも「ホトギ山」、「御所ヶ岳」となったのは最近っぽいかな?

 

s2018-11-18 12.49.19.jpg

 

遺跡の修復?みたいなところを迂回。

 

s2018-11-18 12.52.22.jpg

 

この辺りから遺跡感が出てきます。

 

s2018-11-18 12.53.40.jpg

 

s2018-11-18 12.55.06.jpg

 

雰囲気ありますね。

 

s2018-11-18 12.57.25.jpg

 

15分でここまで下りてきました。

ひらけた場所です。

 

s2018-11-18 13.01.32.jpg

 

時間があるときにゆっくり見て周りたいほど見どころがあります。

 

s2018-11-18 13.04.00.jpg

 

これがあの有名な石垣、いいですね迫力あります。

国史跡 御所ヶ谷神籠石(ごしょがたにこうごいし) です。

国史跡 御所ヶ谷神籠石 | 行橋市

 

s2018-11-18 13.10.48.jpg

 

登山口です。

前に駐車スペース(?・数台)があります。

 

s2018-11-18 13.12.23.jpg

 

ここから先は公園になっています。

 

s2018-11-18 13.13.10.jpg

 

池の横の木道を歩きます。

 

s2018-11-18 13.15.13.jpg

 

池横のイチョウが綺麗です。

 

s2018-11-18 13.18.29.jpg

 

ここが入口です。

 

s2018-11-18 13.18.48.jpg

 

前に広い駐車場があります。

ここから登山口までは10〜15分くらいですかね。

 

ここから一般道を通ってスタート地点まで戻ります。

 

s2018-11-18 13.20.18.jpg

 

林道 御所ヶ谷線を通ります。

 

s2018-11-18 13.28.33.jpg

 

出てきました。

 

s2018-11-18 13.35.23.jpg

 

先に見えるのが馬ヶ岳でしょうか?

 

s2018-11-18 13.41.57.jpg

 

登山口から30分で最初の駐車場に到着しました。

ぐるっと周ると約3時間でしたが約1時間が登山口〜登山口の一般道歩きになるようです。

 

馬ヶ岳、御所ヶ岳は眺めも良くていいお山です。

御所ヶ岳にはまだ通っていないルートや展望台もあるので遺跡巡りとともにまた来たいですね。

しかし低山と思っているとなかなか急登あります。

 

 

2019-08-29 15.09.39.jpg

 

■馬ヶ岳登山口駐車場〜馬ヶ岳〜御所ヶ岳〜馬ヶ岳登山口駐車場■ 
11/18(日)曇り 

10:50 馬ヶ岳登山口駐車場 出発
| 
11:05 馬ヶ岳登山口
| 
11:20 展望台(5分休憩)
| 

11:35 二ノ丸跡(5分休憩)

| 

11:45 馬ヶ岳山頂 (10分休憩)

12:25 御所ヶ岳山頂 (10分休憩)
| 
13:05 御所ヶ谷神籠石

| 
13:10 御所ヶ岳登山口

| 
13:20 御所ケ谷神籠石駐車場

| 
13:50 馬ヶ岳登山口駐車場 到着
  
総時間:3時間 
総距離:7.0Km 
高低差:224m

 

 

 

 

まさやんちょっと遠出21:11comments(0)|-
一番上へ戻る