RSS | ATOM | SEARCH
日の隈山

JUGEMテーマ:山登り

 

佐賀に用事があったのでどこか軽く登れる山ないかな?と探して佐賀市北側の「日の隈山」に行ってきました。

 

駐車場の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

麓の日の隈公園からスタートです。

駐車場もトイレもあります。

 

2019-06-28 16.10.34.jpg

 

ちょっと山の方に歩くと登山口の標識がありました。

 

2019-06-28 16.11.50.jpg

 

舗装路があるので歩きやすいです。

 

2019-06-28 16.15.34.jpg

 

ちょっと登山道みたいなところに入りました。

山頂の方に歩いていると曲道が分からなくなりました。

 

2019-06-28 16.19.58.jpg

 

やや藪に入ってしましました。

それでも道のような感じは残っているのでそのまま進むと、

 

2019-06-28 16.21.51.jpg

 

また舗装路に出ました。

舗装路を上に上に辿っていくと山頂に到着です。

 

2019-06-28 16.31.49-1.jpg

 

公園から約20分で到着です。

山頂には展望台がありますね。

 

2019-06-28 16.32.11.jpg

 

奈良時代の遺跡なんですね。

 

2019-06-28 16.32.42.jpg

 

天気が良ければ景色も良さそうです。

 

2019-06-28 16.32.26.jpg

 

少し先に山があって地図を見ると行けそうです。

「茶臼隈山」という山っぽいです。

 

2019-06-28 16.34.54-1.jpg

 

舗装路を下りていくと道の真ん中にクワガタが。

かなり威嚇されました笑

 

2019-06-28 16.46.19.jpg

 

何箇所か直登で行けそうなところを周ったのですがどこも道が荒れていました。

ここも先に進めないので諦めて帰ることにしました。

 

公園まで下りてきてグラウンドの方へ周ると茶臼隈山への登山口らしきところがありました。

 

2019-06-28 16.56.13.jpg

 

おそらくここっぽいです。

今度来たときにはリベンジしたいです。

 

 

2019-07.jpg

 

総時間:55分
総距離:3.1km
高低差:140m

 

 

まさやん県外へ遠出20:12comments(0)|-
福寿草を見に岩宇土山へ(ついでに上福根山も)

JUGEMテーマ:山行記録

 

福寿草の季節ということで熊本の岩宇土山へ行ってきました。

 

せっかく岩宇土山まで行くのでついでにその先の上福根山まで登ってきました。

初めての福寿草です。

 

登山口の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

登山口から少し離れたところに数台停めれるスペースがあります。

みなさんそこに停めてるようです。

 

s2019-02-17 08.16.45.jpg

 

さすがシーズンということもありかなりの人が来てますね。

現在8時過ぎです。

駐車スペースにはギリギリ8〜10台といったところでしょうか。

 

s2019-02-17 08.17.48.jpg

 

ここからスタートします。

登りは久連子岳経由で登ります。

道は序盤からかなりきつくて大変です。

キツいとは聞いてましたが...。

 

1時間ほど登るとかなりの景色がひらけました。

 

s2019-02-17 09.39.39.jpg

 

遠くの山々に雪が見えますね。

疲れが吹き飛びます。

 

s2019-02-17 09.50.32.jpg

 

ちょっと足場が悪いところも登ります。

気をつけながら。

 

s2019-02-17 09.59.21.jpg

 

白いのは霧氷でしょうか。

まさか見れるとは思っていなかったのでラッキーでした。

写真にはあまり写らなかったですが。

 

s2019-02-17 10.15.53.jpg

 

休み休みで約1時間50分で岩宇土山山頂に到着です。

ここから福寿草のポイントには行かずに上福根山へ向かいます。

 

s2019-02-17 10.47.53.jpg

 

30分くらいでちょっとひらけた箇所に出ました。

ここでもやや休憩。

どこまで登ってもキツいですね。

 

s2019-02-17 11.14.16.jpg

 

山頂も近くなってきたと思うのですが更に上りが険しくなってきました。

 

s2019-02-17 11.36.11.jpg

 

到着しました。

上福根山山頂です。

岩宇土山から約1時間です。

 

s2019-02-17 11.36.55.jpg

 

三角点有りました。

 

s2019-02-17 11.53.41.jpg

 

気温は約5度。

思ったよりも寒くなかったです。

 

11時半になったのでここで昼休憩を取ります。

 

s2019-02-17 12.03.47.jpg

 

山友さんのご厚意で麻婆豆腐を頂きました。

冬にこういうのはいいですね。

 

あったまったところで福寿草を見に下山します。

来た道を引き返しオコバ谷の方へ下りていきます。

 

s2019-02-17 13.40.34.jpg

 

この辺りへ下りてくるところは雪があるとちょっとキツいかもです。

アイゼンかチェーンスパイクを念のため持ってきてたほうがよいでしょう。

 

s2019-02-17 14.07.55.jpg

 

途中の苔がとても綺麗でした。

ここまでびっしりとは。

 

分岐からおよそ40〜50分で白崩平に到着です。

周りにはネットが張ってあって一部立入禁止です。

 

sIMG_6677.jpg

 

ありました。

黄色い花が咲いています。

ロープの中なのでちょっと遠いです。

 

s2019-02-17 14.38.39.jpg

 

この案内があるところの周りにもたくさん咲いています。

こちらは間近で見ることができますよ。

 

 

いいですね。

 

 

近くで見るとまたいいです。

 

 

開いている花もありました。

 

福寿草には蜜は無くて太陽を浴びることで暖かくなったところに虫が集まって来ることで受粉を行うらしいです。そして花本体には毒があって食べられることも防いでいるようです。可憐な花にも毒があるということでしょうか。なんともおもしろい花です。

ちなみに旧正月の頃に咲くので正月の花らしいです。

 

ここで30分ほど撮影をして名残惜しいですが下山です。

 

s2019-02-17 15.06.52.jpg

 

白崩平から約40分程で登山口まで下りてきました。

岩宇土山には登らずにここから直接白崩平を目指している方もいたようです。

 

福岡からはちょっと遠くてキツい山ですが初めての福寿草を見れて大満足の山行となりました。

しかし上福根まで登ると高低差が1000メートルなのである程度覚悟がいりますね。

 

 

2019-09-02 19.18.43.jpg

 

■岩宇土山登山口〜久連子岳〜岩宇土山山頂〜上福根山山頂〜白崩平〜岩宇土山登山口■
2/17(日)晴れ

 

8:20 岩宇土山登山口 出発

9:30 久連子岳(15分休憩)

10:10 岩宇土山山頂(10分休憩)

11:30 上福根山山頂 到着


(昼休憩)


12:30 上福根山山頂 出発

13:20 分岐

14:10 白崩平 到着


(福寿草撮影タイム)

14:40 白崩平 出発


15:20 岩宇土山登山口 到着

 

総時間:7時間
総距離:7.9km
高低差:1010m

 

 

まさやん県外へ遠出22:25comments(0)|-
氷の雲仙普賢岳

JUGEMテーマ:登山・トレッキング

 

一度は行ってみたかった冬の雲仙普賢岳にようやく行ってきました。

海が近く風が吹き付けるからかくじゅうとはまた違った冬山が堪能できそうです。

 

今回は荒尾の長洲港ターミナルからフェリーで島原へ渡りました。

料金が高いイメージがあるものの実際は軽自動車に4人乗れば一人あたりは1000円弱です。(945円/人)

有明フェリー

 

高速よりもガソリン代も少しうきフェリーに乗ってる間は運転もしなくて良いので楽ですね。

気軽に島原まで行けそうです。

 

s2019-02-02 07.53.57.jpg

 

朝焼けも堪能できます。

運がよければスナメリにも会えるかもです。

 

s2019-02-02 07.32.55.jpg

 

島原多比良港から仁田峠までは約45分です。

 

sIMG_6499.jpg

 

お、山頂が白いです。

期待が膨らみます。

 

s2019-02-02 09.05.22.jpg

 

朝9寺に出発です。

ロープウエイ横から登り口があります。

まずはロープウェイの駅の妙見岳を目指します。

この辺りは全く雪もないです。

 

登り始めて30分くらいで霧氷がちらほら出始めました。

 

sIMG_6505.jpg

 

約45分でロープウェイの駅に到着です。

 

sIMG_6506.jpg

 

だいぶ霧氷が付いてますね。

でもまだこれからっぽいです。

ここで少し休憩をして妙見神社へ向かいます。

 

sIMG_6522.jpg

 

向かう道がトンネルになってました。

 

sIMG_6527.jpg

 

ここまで来るとかなり綺麗ですね。

風が抜けるので霧氷も付きやすいかと。

 

sIMG_6526.jpg

 

流石に水も凍ってます。

ここから国見岳を目指します。

 

sIMG_6528.jpg

 

ここから先はもっとすごかったです。

ちょっとしゃがんで通りたくなります。

 

国見岳へはちょっと岩場の登りがありますので

冬は注意しましょう。

 

sIMG_6543.jpg

 

国見岳到着です。

ここまでおおよそ40分くらいですかね。

 

sIMG_6545.jpg

 

平成新山が見えてきました。

かなり真っ白で期待です。

 

sIMG_6546.jpg

 

国見岳から妙見岳方面の霧氷です。

片側にびっしり付いてますね。

風の吹いてくる方面に付くのが分かります。

 

いよいよ普賢岳へ向かいます。

国見岳から風穴に向かう道の途中の分岐のところで昼食をとります。

ここから先は登りが来るので体力を温存します。

 

昼食後、風穴へ向かいます。

 

sIMG_6568.jpg

 

不潔近辺からの景色、かなりの期待がもてる景色です。

しかも晴れてきました。

 

sIMG_6569.jpg

 

これは白の世界ですね。

 

s2019-02-02 12.26.06.jpg

 

ここから先はひたすら上りが続きます。

登り登りのペースが続いて...

いよいよ開けました。

 

sIMG_6592.jpg

 

すごい白の世界です。

みんなのテンションも上がります。

もう少し進むと晴れてきました。

 

ssimg-6578.jpg

 

今日イチの景色です。

氷点下10度くらいですかね。

寒さを忘れます。

 

あざみ谷からよりも風穴から登ったほうが冬はおすすめです。

 

sIMG_6593.jpg

 

山頂手前で念の為霧氷沢にも寄ります。

 

sIMG_6594.jpg

 

霧氷沢もすごかったですがさっきの方が良かったかも。

 

sIMG_6598.jpg

 

少し休憩をして山頂を目指します。

こっちの方はあまり人がいなかったものの山頂についたらかなりの人がいました。

みなさんあざみ谷の方から登ってるんですね。

 

霧氷沢からおおよそ20分で山頂に到着です。

 

sIMG_6607.jpg

 

山頂についたらすごい晴れてきました。

 

sIMG_6608.jpg

 

平成新山がくっきり見えました。

 

sIMG_6606.jpg

 

三角点もゲットです。

 

ここでもゆっくり休憩をしてあざみ谷の方面から下山します。

 

s2019-02-02 14.26.15.jpg

 

ある程度下りてくると雪も氷も全くありません。

これが九州の雪山でしょうかね。

下りてくると別世界。

 

今回は最高の雪山登山となりました。

また来たい山ですね。

 

sIMG_6618.jpg

 

帰りもフェリーで。

 

 

2019-07-26 15.46.52.jpg

 

■仁田峠〜妙見岳〜国見岳〜普賢岳〜仁田峠■
2/2(土)曇り

 

9:00 仁田峠 出発

10:00 妙見神社

10:40 国見岳

11:00 分岐 到着

(昼休憩)

11:45 分岐 出発

12:40 今日イチポイント

13:00 霧氷沢

13:20 普賢岳山頂 到着

(休憩)

13:40 普賢岳山頂 出発

14:40 仁田峠 到着

 

総時間:5時間40分
総距離:5.7km
高低差:311m

 

 

まさやん県外へ遠出23:09comments(0)|-
紅葉の根子岳(東峰)

JUGEMテーマ:山行記録

 

久しぶりに根子岳に行きたいなと思って計画。

 

せっかくなら紅葉の時期がいいのでは?

紅葉の時期に行くのは初めてのため7時には登山口に到着するようにしました。

 

s2018-11-03 06.36.06.jpg

 

そういえば熊本地震後に来るのも初めてだったので橋が落ちて迂回するのも忘れていました(汗

今日は何かあったのかパトカーと救急車がいました。ここから右に迂回して下りていきます。

阿蘇地域アクセスルートマップ

 

s2018-11-03 07.00.36.jpg

 

近づくと根子岳が見えてきました。

朝日に照らされる根子岳は最高にかっこいいです。

 

s2018-11-03 07.37.26.jpg

 

大戸尾根登山口に到着。

7時は早かったのかまだ駐車には余裕がありました。

 

駐車場の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

牧場に近いスペースはガレ場が荒れているので車高の低い車は入らないようにしましょう。

停められる車の数は路肩に寄せて20台くらいでしょうか。もう少し遅いとここが車で満車になるそうです。

 

s2018-11-03 07.37.17.jpg

 

早速ここからスタートです。

牧場の中を通らせてもらうのでゲートがあります。(※開けたら最後の人が締めるようにしましょう)

 

s2018-11-03 22.01.18.jpg

 

牛たちが朝ご飯を食べています。

 

sIMG_5370.jpg

 

牧場の中は舗装路になっています。牛糞があちこちに落ちているので気をつけましょう。

 

sIMG_5375.jpg

 

少し雲がかかってるけど右奥にうっすら天狗峰が見えます。

 

sIMG_5376.jpg

 

登山届ボックスに到着です。ここから右にまわって行きます。

 

sIMG_5380.jpg

 

雲が晴れました。朝焼けに照らされていい感じです。ちょっと紅葉は落ちて茶色が目立ちます。

 

sIMG_5381.jpg

 

ここが牧場の出口です。

 

左の方の隙間から出ます。有刺鉄線が張ってあるので気をつけましょう。

ここからは山頂までひたすら上りが続きます。

 

sIMG_5395.jpg

 

麓の方はすごい綺麗な紅葉でした。

登り始めてから約1時間で途中少しだけ注意箇所があります。

 

sIMG_5398.jpg

 

岩を左に巻きます。

 

sIMG_5399.jpg

 

梯子を上ります。

ここまで来るともう少しでビューポイントです。ここから約15分でひらけた場所に出ます。

 

sIMG_5407.jpg

 

天狗峰が近づいてきました。

やはりピークを過ぎたのか茶色が多いですね。でもまだ黄色などの紅葉は残っています。

 

sIMG_5415.jpg

 

もう少し登り振り返ると景色が最高です。

 

sIMG_5426.jpg

 

天候に恵まれました。

 

sIMG_5427.jpg

 

前原牧場登山口からのルートと合流します。ここは近いらしいのですが行ったこと無いルートです。

 

sIMG_5428.jpg

 

いよいよ東峰が近づいてきました。

最後にも急坂があるのでなかなかきついです。休み無くひたすら登っている印象です(汗

最後にも崩落で少し危険な場所があるので注意しましょう。

 

登り始めてから約2時間...

 

sIMG_5434.jpg

 

根子岳東峰に到着です。

 

sIMG_5435.jpg

 

ここからは根子岳と阿蘇高岳を望めます。

阿蘇山は迫力ありますね。

 

sIMG_5438.jpg

 

天気がいいので遠くまで望めました。

やはり阿蘇は雄大です。

 

sIMG_5436.jpg

 

反対側の紅葉もいい感じです。

 

山頂へはどんどん人が登ってきます。今回15人グループでここもそんなに広い場所ではないので早めに下山します。

 

sIMG_5491.jpg

 

帰りは余裕があったので紅葉を堪能しながら下りました。

 

sIMG_5475.jpg

 

とても綺麗で来てよかったです。

 

下りてる間もどんどん登ってくる人が...、今頃山頂はすごそうです。

下りは1時間20分で到着しました。

 

sIMG_5525.jpg

 

登山口まで下りてくると車がすごいことに。下の一般道の路肩にまでかなりの数が駐車されていました。今回なるべく早めに来て正解でした。遅くとも8時までには来ないと停められなさそうです。

 

根子岳きつい山ですが景色もよくいい山です。今年は紅葉が1週間ほど早くピーク過ぎでしたが来年の紅葉も検討したいと思います。

 

 

根子岳東峰ログ

 

■大戸尾根登山口〜根子岳東峰〜大戸尾根登山口■
11/3(土)晴れ

 

7:40 登山口駐車場(牧場入口) 出発

8:00 大戸尾根登山口(牧場出口)

9:00 梯子

9:15 ビューポイント

9:30 前原牧場登山口との合流地点

9:40 根子岳東峰 到着

(休憩)

10:10 根子岳東峰 出発

11:30 登山口駐車場(牧場入口) 到着

 

総時間:3時間50分
総距離:3.7km
高低差:600m

 

 

s2018-11-03 12.03.05.jpg

 

帰りには「月廻り温泉館」に寄りました。

ここは根子岳からも5分で景色もいいですね。

 

s2018-11-03 12.17.32.jpg

 

混んでるかなと思いましたが少し早めだったので空いていました。

 

s2018-11-03 13.30.37.jpg

 

早めの下山であまり食べていなかったのでここでそばを食べて帰宅しました。

 

今回はとても良い山行になりました。

 

 

まさやん県外へ遠出23:58comments(0)|-
草千里ヶ浜から烏帽子岳へ

JUGEMテーマ:山登り

 

阿蘇山に登ろうかと思ってたけど急な立入規制。

仕方ないので隣の烏帽子岳へ。

 

草千里ヶ浜へ到着するとこの時期なのに雪が。

草原も白模様。

 

s2018-04-08 09.08.42.jpg

 

なかなか寒い。

やはり高地は気をつけないといけません。

 

s2018-04-08 09.09.39.jpg

 

観光地とはいえさすがに朝9時だとがらんとしてます。

トイレもあります。

 

s2018-04-08 09.08.53.jpg

 

早速スタート。

寒いけど日が出てきたので少し溶けてきた模様。

 

s2018-04-08 10.47.20.jpg

 

ちょっと登ると雪が。

さくさくして気持ちいい。

 

sIMG_3924.jpg

 

ある程度登ると阿蘇山も綺麗に見える。

 

sIMG_3932.jpg

 

樹氷が付いていました。

 

sIMG_3940.jpg

 

だいぶ登ってきました。

 

s2018-04-08 11.00.18.jpg

 

熊本地震の影響からか立入禁止区域がありました。

 

s2018-04-08 11.00.47.jpg

 

山頂も土砂崩れのため立入禁止でした。

10〜20mほど手前になります。

山頂で少し休憩をとってから下山します。

 

sIMG_3942.jpg

 

草千里の中を歩きます。

 

s2018-04-08 12.20.36.jpg

 

下りてくると日が出てきました。

 

sIMG_3919.jpg

 

霜もほとんど溶けてました。

 

sIMG_3951.jpg

 

やはりここは気持ちがいいところですね。

 

ある程度ゆっくりしたところで阿蘇山の方へ行ってみました。

 

s2018-04-08 12.42.53.jpg

 

やはり規制で立入禁止になってました。

 

s2018-04-08 12.43.04.jpg

 

s2018-04-08 12.43.49.jpg

 

また来たいなと思います。

 

s2018-04-08 12.46.48.jpg

 

ここも早く復旧して欲しいものです。

 

阿蘇山をあとにして食事に向かいます。

 

s2018-04-08 13.55.02.jpg

 

昼は田楽にしました。

たっぷりでお腹いっぱいです。

とても美味しかったです。

 

その後、高森湧水トンネルへ。

 

sIMG_3979.jpg

 

中の様子が...

 

sIMG_3958.jpg

 

4月ですよね(^^;

 

sIMG_3959.jpg

 

なんかサイバーなところも。

 

sIMG_3970.jpg

 

ここですね。

ここから湧き出ているみたいです。

置くまで歩くとそこそこの散歩になります。

夏は涼しそうです。

 

最後に新しくできたというモンベルへ。

 

s2018-04-08 16.08.47.jpg

 

ほほう、綺麗ですね。

 

s2018-04-08 16.32.11.jpg

 

う〜ん、ここからみる阿蘇の絶景も素敵です。

 

程よくまったりして帰宅。

やっぱり阿蘇はいいですね。

 

 

■草千里ヶ浜〜烏帽子岳〜草千里ヶ浜■
4/8(日)晴・雪

 

10:00 草千里ヶ浜駐車場 出発

11:00 烏帽子岳 到着

(30分休憩)

11:30 烏帽子岳 出発

12:30 草千里ヶ浜駐車場 到着

 

総時間:2時間30分
総距離:3.9km
高低差:208m

 

 

まさやん県外へ遠出23:42comments(0)|-
一番上へ戻る