RSS | ATOM | SEARCH
テントのポールの補修

JUGEMテーマ:アウトドア用品

 

去年、使用中にぽっきり根本から折れたテントのポール。

 

見た目だけで選んだ中華テント。

 

やっぱり安いのは脆いのかな〜(>_<)

 

IMG_2588_R_R.jpg

 

1年ずっと放置してたけど今年も使いたいので直してみることに。

 

IMG_2589_R_R.jpg

 

とりあえずポールが刺さる部分を作ればいいのでこれで。

 

ボルト、ナット、ワッシャーで100円くらいだったかな。

 

IMG_2590_R_R.jpg

 

これをもともとアルミの突出しが出てたところに入れて固定。

 

とりあえず1本は付けれるけど2本めは無理かな(汗

 

IMG_2591_R_R.jpg

 

5mmくらいはみ出るけどポールは刺さって固定できた。

 

実際に使ってみないと分からないけどこれでOKかな。

 

来月にでもくじゅうで使ってみよう(^^)

 

 

まさやんテント泊・キャンプ23:13comments(2)|-
夏の坊がつるテント泊

JUGEMテーマ:テント泊

 

春に引き続きまた大人数で坊がつるに行ってきました。

 

ルートは同じで吉部登山口からスタート。

 

 

今回はいろいろ持っていくものが多くて24キロ(汗)

 

 

場所は過去記事を参考ください。

 

坊がつるでテント泊(5/22)

 

九重登山

 

またしてもワイワイ山行。

 

 

約2時間半で坊がつるに到着。

 

温泉に入り少し休んで夕食の準備。

 

キャンプのカレー

 

定番のカレーです。

 

ナゲットを揚げる

 

付け合せにナゲットを。

 

キャンプカレー

 

山のカレーはなぜ美味いのか!

 

坊がつるの夕焼け

 

日が暮れてきたので撮影タイム及び談笑タイム。

 

坊がつるのナメクジ

 

夜は冷えるのでテントに露がびっしり。

 

ナメクジさんもはいはい。

 

坊がつるのテントと星

 

雲が晴れてきたので星撮影開始。

 

坊がつるの天の川

 

いい感じで天の川も撮れた。

 

次回はもう少しISOを上げてもいいかな。

 

今回は小さいながらも三脚を持参。

 

小さいながらも一応耐荷重2.5キロなので

 

細かいブレを気にしないならこれで問題無しかな。

 

 

どちらかと言うとレンズの梅雨対策の方が大事(^^;

 

 

テントに戻り、

 

今回はピークハント無しで朝までぐっすり。

 

夏の坊がつるの夜の気温

 

夜のテントの中の気温は17〜18度くらいあり

 

少し肌寒い程度で過ごしやすかった。

 

(※すごく寒くなる日もあるので準備は必要です)

 

坊がつるの朝

 

朝の坊がつる。

 

この雰囲気も好き。

 

キャンプの朝ごはん

 

朝ごはんの準備。

 

ご飯を炊いて味噌汁を作る。

 

朝はこれが日本人。

 

 

少し休んで下山。

 

暮雨の滝

 

帰りは暮雨の滝経由で。

 

夏でもここはひんやりして気持ちいい。

 

 

坊がつる、今年あと一回来れるかな?

 

 

まさやんテント泊・キャンプ22:18comments(0)|-
坊がつるでテント泊
JUGEMテーマ:山登り


少し暖かくもなってきて

山友たちと坊がつるにテント泊をしてきました。

今回は距離も短くて傾斜も緩い吉部登山口から目指します。

(初心者がいるときはこちらがおすすめ)


登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

グーグル検索ですと「暮雨茶屋」を目指してくると駐車場に来れます。
(駐車場は2つあるので好みで)


カメラやら何やらでザック重量は、約19キロに(^^;


早速スタート!

吉部登山口付近の景色

新緑の時期なのでこの辺りの景色も最高♪

初心者も同行してるのでゆっくり目で歩く。

もうすぐ坊がつる

ちょっと曇天気味なのが心配だけどもうすぐ到着。

約2時間で坊がつるに到着。

テント設営後、法華院へ。

ここで温泉とビールを購入。

温泉は500円、ビールは自販機で450円です。

坊がつるでの夕食

ビールを飲みながらみんなで焼肉♪

これがうまい(^^)

キャンプで熱燗

その後、夕暮れとともに寒くなってきたので熱燗に移行♪

 


 

 

 

ひとしきり飲んで就寝。

夜のキャンプ場

満月なので星はいまいちかな。

※この時期の夜は約5〜6度、シュラフは対応品を持参下さい


翌日朝駆けで大船山を目指す!

2時起床(^^;

体が重いもののなんとか山頂に到着。

大船山山頂

もうすぐご来光がお目見え。

大船山からの朝焼け

ちょっと雲がかかっているものの綺麗な朝焼け。

飛行機雲

いい感じで飛行機雲。

この時期の朝駆けでは結構な確率で見れる。

大船山からの景色

日が昇り、大船山から見る三俣山も綺麗。

皆、景色を堪能して下山。

大船山のミヤマキリシマ(咲き始め)

大船山のミヤマキリシマは咲き始め。

今年の山開きは大船山なのでなかなか期待ができそう。

坊がつるキャンプ場

坊がつるに帰ってきて少しまったりして、

テント撤収、身の回りを清掃して帰宅。

やはり坊がつるキャンプは最高!


山行ログ



  

 

まさやんテント泊・キャンプ23:40comments(0)|-
久しぶりに山で米を炊く

JUGEMテーマ:アウトドア用品

 

月末にテント泊に行く予定なので

 

試しに久しぶりに米を炊いてみた。

 

一応今回は歩荷訓練も兼ねて三日月山へ。

 

24キロのザック

 

ちなみに水やらいろいろで23〜4キロくらい。

 

三日月山山頂

 

ほどよく疲れて山頂に到着。

 

天気が悪い

 

今日の天気はいまいち。

 

テントの試し張り

 

テントを試し張り。

 

少しゆっくりして今回メインの米炊きを始める。

 

鍋に米と水

 

鍋に米と水を入れて準備完了。

 

米は無洗米がおすすめ。

 

水の量は無洗米で米1合(約150g)に対して約220〜230ml

 

水は浸しておくほうが良さそうなので

 

日帰りの時は前もってボトルに米と水を入れて持っていくと

 

浸水時間を節約できておすすめ。

 

 

モンベルのボトルはキャップもしっかりしてていいかな。

 

鍋を火にかける

 

早速火にかける。

 

蓋を押さえる

 

重しはしてもしなくてもいい。

 

鍋の形状にも寄るかな。

 

 

簡単な方法は、

 

まず強火(最大)で炊き続ける

 

すると沸騰したら蓋の縁から吹きこぼれてくるので

 

そこで一旦火から鍋をはずす

 

火を弱火にして大体15分くらい

 

※火がついてるかついてないかの程度

 

15分たって水分が無くなってたら15分ほど蒸らす

 

※水分が残ってたらもう少し炊き続ける

 

 

鍋の形状や米の量によって多少変わってくるので

 

何回か炊いて最適を見つけるといいかな。

 

米が炊けた

 

開けてみたらいい感じ。

 

白米を蒸らす

 

ざっと混ぜて完成。

 

サンマの缶詰

 

今回はここにサンマ缶を投入。

 

サンマの缶詰を投入

 

汁ごと全部入れる。

 

サンマを混ぜる

 

ほぐして混ぜると完成。

 

簡単で結構美味しい。

 

 

食べ終わって片付けて下山。

 

キャンプが楽しみ。

 

月末の坊がつるキャンプ

 

 

 

 

まさやんテント泊・キャンプ21:41comments(0)|-
小型薪ストーブ で ひとりまったり

JUGEMテーマ:キャンプGEAR

 

GW突入ということでひとりキャンプに♪

 

今日は気軽に若杉楽園キャンプ場へ。

 

登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

ここは車も乗り入れできてトイレもあるものの無料。

 

なのでまだまだ寒いこの時期ながらもそこそこの人が来ます。

 

 

明るいうちにテントも設営して少しゆっくり。

 

張ったテントはこの前準備したテント。→ 前記事

 

若杉楽園キャンプ場からの夕日

 

米ノ山からの夜景

 

日も暮れてきたので薪ストーブの準備。

 

小型薪ストーブ

 

小型薪ストーブに薪を入れて点火。

 

煙突効果ですぐに火が着くのでなかなか良い♪

 

 

薪は拾ってきてもいいし小さめの袋入りを買ってきてもいい。

 

小型薪ストーブでまったり

 

しばしストーブの火を見ながらまったり。

 

キャンプにビール

 

ここでとりあえずビール。

 

そして食事にはいる。

 

マヨうまい棒

 

前菜にマヨうまい棒(めんたい味)。

 

ソーセージ

 

ソーセージ。

 

ソーセージは先に少しフライパンで炙っておいた。

 

直火だけでも焼けると思うけど念のため。

 

アスパラベーコン

 

次にアスパラベーコン。

 

これもアスパラは下茹でをしておくと良いかも。

 

薪ストーブなので食材に多少ススが付くのはご愛嬌。

 

エリンギ

 

エリンギも美味い!

 

 

ここで香りづけのために桜チップを準備。

 

桜チップ

 

ちょっとパチパチいってきたら、

 

ソーセージに香りづけ

 

ソーセージを網でのせて、

 

香りづけの蓋

 

蓋をする。

 

5〜6分くらいでいい感じの香りがついたソーセージのできあがり。

 

これ以外にもチーズとかいろいろやってみるのも面白い。

 

日本酒 久保田

 

いよいよ日本酒を投入。

 

瓶の重いものも車で来れるキャンプ場はここが便利。

 

キャンプで熱燗

 

酒たんぽで熱燗に。

 

そこそこ冷えるので温まる。

 

 

ここから おつまみタイム。

 

ししゃも

 

コンビニおつまみを炙って食べると美味い!

 

これ以外にも、

 

焼スルメ

スルメ

 

焼メンマ

ピリ辛メンマ

 

もおすすめ!

 

つまみながらお酒をちびちび...。

 

 

最後のシメに焼きマシュマロを。

 

焼マシュマロ

 

溶ける一歩前に食べるのがミソ。

 

 

だいぶ夜も更けてきたのでテントの中へ。

 

テントの中

 

就寝...。

 

 

朝起きて運動がてら米ノ山へ。

 

米ノ山からの景色

 

少しガスってるけど気持ちいい。

 

ツツジ

 

ゆっくりキャンプ場へ戻る。

 

コーヒーでまったりして撤収。

 

 

薪ストーブは約2時間燃やして炭はこんなもの。

 

小型薪ストーブの炭跡

 

おすすめ♪

 

 

 

 

 

まさやんテント泊・キャンプ22:15comments(0)|-
一番上へ戻る