RSS | ATOM | SEARCH
難所ヶ滝の大つららを見に行く

JUGEMテーマ:山行記録

 

寒波到来ということで難所ヶ滝につららを見に行きました。

 

去年の大寒波の時を思い出すけど( 大寒波到来!難所ヶ滝へ!! )

 

そこまでは確実にないでしょう。(去年は道路も凍結してた)

 

 

いつものように昭和の森からスタート。

 

登山口(駐車場)の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

登山渋滞に巻き込まれるのが嫌なので8時スタート。

 

(おおよそ9時出発が渋滞の目安ラインになります。

 

10時出発だと確実に渋滞に巻き込まれるでしょう)

 

つららシーズンの昭和の森駐車場

 

昭和の森の下の駐車場は8時の時点で約半分が埋まる感じ。

 

駐車場は先までのぼった上にもあり(ゲートを越える)

 

こちらの方が難所ヶ滝までの距離も近いですが

 

向かう道路が凍結する可能性がありますので注意してください。

 

今日は道路凍結は無さそうでした。

 

昭和の森の積雪

 

早速出発!

 

平地よりも雪がありテンションが上がる。

 

難所ヶ滝へ向かう途中の積雪

 

途中まで来るとそこそこの積雪が。

 

難所ヶ滝へ向かう途中のつらら

 

寒波2日目ということもありつららは成長途中。

 

 

約1時間10分で大つらら下の登り口まで到着。

 

ここから脇道にそれて本当の難所ヶ滝を見に行く。

 

本当の難所ヶ滝

 

ここが本当の難所ヶ滝です。

 

プレートもあります。

 

今回の目的地は「河原谷の大つらら」というのが名称で

 

通称として難所ヶ滝と呼んでいます。

 

こちらは来る人がいないので踏み跡もなくふかふかだった。

 

 

ここから10分とうとう大つらら到着です!

 

難所ヶ滝の大つらら(河原谷の大つらら)

 

前日までの情報であまり成長していなかったので

 

期待はしてなかったけど思ったよりも大きくなっていた。

 

横幅は無かったけれども下から見ると迫力がある。

 

大つらら下

 

下の方の氷の成長もそこそこで良い。

 

 

ある程度堪能して休憩をして下山。

 

この時の気温マイナス5度

 

ちなみに気温はマイナス5度。

 

休憩する方は防寒装備を必ず持参しましょう!

 

 

1時間ほど滞在し11時頃出発。

 

ふと見るとツアー客が登ってきていた。

 

大つららを見に来る人達の行列

 

撮影渋滞してる(>_<)

 

難所ヶ滝下は登りと下りが分かれているけど

 

そこから先は渋滞とのすれ違い。

 

帰る方も時間的に余裕を持って下山しましょう。

 

 

今回は用事があってピストンになったけど

 

余裕がある人は三郡山など稜線まで行けば

 

もっと雪が楽しめますよ。

 

 

最後にアイゼン(スパイク)必須です!

 

踏み跡でアイスバーンになります。

 

怪我をするおそれがあるのと同時に

 

渋滞の原因ともなります。

 

 

※午後に難所ヶ滝に来る方は気温上昇でつららが

溶けてくるので落下の可能性が上がります。

なるべく真下に入らないようにしましょう!

(過去に大量落下を目の前で見たことがあります)

 

 

山行ログ

 

■昭和に森〜難所ヶ滝〜昭和の森■
1/15(日)雪
 
8:20 昭和の森 下駐車場 出発

9:40 本当の難所ヶ滝

9:50 難所ヶ滝(河原谷の大つらら) 到着

(休憩)

11:00 難所ヶ滝(河原谷の大つらら) 出発

12:20 昭和の森 下駐車場 到着
 
総時間:4時間00分
総距離:5.8Km
高低差:504m

 

 

まさやん三郡山系(宝満山等)23:50comments(0)|-
Comment









一番上へ戻る