RSS | ATOM | SEARCH
老いの山とドングリ山

JUGEMテーマ:里山

 

ネットで見つけた「老いの山」と「ドングリ山」。

誰が名付けたのか?

とりあえず行ってみました。

 

2019-06-21 16.24.24.jpg

 

当然駐車場などは無いので香椎宮の近くのコインパーキングに駐車しました。

ここから20分くらいでしょうか。

 

2019-06-21 16.29.53.jpg

 

昔からの土地でしょうか?

 

2019-06-21 16.30.45.jpg

 

見えましたあれが「老いの山」です。

 

2019-06-21 16.31.38.jpg

 

不老水というのがありました。

300歳まで生きたと書いてあります。

老の山に関する記述はありませんでした。

 

2019-06-21 16.31.52.jpg

 

ここから入ります。

 

2019-06-21 16.33.05.jpg

 

神社がありました。

お参りをしてここから右に抜けます。

 

2019-06-21 16.34.46.jpg

 

住宅地の間のここから入れました。

若干の藪こぎはありましたが踏み跡はありました。

約10分で山頂です。

 

2019-06-21 16.44.34-1.jpg

 

67mです。

ここから山の裏側(?)へ下りていきます。

 

2019-06-21 16.47.10.jpg

 

九電の人の通り道なのかこちらの方が歩きやすいです。

ここから5分ほど下りたら住宅地に出ました。

 

なぜ老の山なのか?

ネットで調べても分かりませんでした。

不老水と関係はありそうなんですが...

近くに「香椎台おいの山公園」というのがあるので

何かしらの土地柄の由来がありそうですね。

 

 

次はドングリ山に向かいます。

 

 

ドングリ山は松香団地公園内にあります。

 

2019-06-21 17.11.39.jpg

 

駅の方から入ります。

 

2019-06-21 17.11.58.jpg

 

一般的な公園ですね。

 

2019-06-21 17.12.34.jpg

 

舞松原古墳ってのがあったんでしょうか?

 

2019-06-21 17.16.20.jpg

 

一番高いと思わしきところに来たのですが何もありません。

ドングリ山とは?

 

2019-06-21 17.18.58.jpg

 

少し行くと休憩所がありました。

ここで休んでネットで調べましたが分かりませんでした。

 

暇があったらまた調べてみます。

 

 

●この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています●

まさやん超低山19:32comments(0)|-
Comment









一番上へ戻る