RSS | ATOM | SEARCH
菅嶽と三ツ頭山の取付の確認(篠栗五山周回イベント下見)

JUGEMテーマ:山行記録

 

来年予定の篠栗五山周回イベントの下見です。

今回は久しぶりの菅嶽と初めての三ツ頭山の取付の確認です。

 

s2018-11-11 11.39.52.jpg

 

篠栗の呑山観音寺は紅葉ですね。

車が渋滞してました。

 

s2018-11-11 13.39.18.jpg

 

車は猫峠の少し先に登山者用スペースがあります。

 

s2018-11-11 13.39.30.jpg

 

猫峠のここの少し手前(呑山観音寺からだと少し先)に登り口があります。

 

s2018-11-11 13.40.50.jpg

 

工事しているところの端に赤テープがあります。

 

s2018-11-11 13.41.26.jpg

 

凍結注意の横の坂を登っていきます。

赤テープの棒が倒れてますね。

 

s2018-11-11 13.41.51.jpg

 

ちょっと上にありました。

 

s2018-11-11 13.43.16.jpg

 

ここの横を右から巻いていきます。

 

s2018-11-11 13.48.38.jpg

 

赤テープがあるので迷いはないですがすごい急登です。

 

s2018-11-11 14.00.54.jpg

 

約20分でなにかの設備まで来ました。

ここまで登るとすこし緩やかになります。

 

s2018-11-11 14.01.55.jpg

 

左の方へ登ります。

 

s2018-11-11 14.07.56.jpg

 

ここも左の柵の方。

 

s2018-11-11 14.09.29.jpg

 

道なりに進みます。

 

s2018-11-11 14.13.15.jpg

 

案内が出ました。

左へ行きます。

 

s2018-11-11 14.14.30.jpg

 

ここはちょっと分かりにくいですが右です。

 

s2018-11-11 14.28.18.jpg

 

ここから登りが出てきます。

 

s2018-11-11 14.29.29.jpg

 

飯塚六四会さんの標識がたくさんあります。

 

s2018-11-11 14.34.39.jpg

 

登り始めから約1時間で到着です。

 

s2018-11-11 14.36.20.jpg

 

結構広いです。

ここがイベントのときの昼休みポイントに良さそうです。

 

s2018-11-11 14.46.25.jpg

 

帰りは同じコースを戻ります。

反対側に出るルートもありそうです。

こっちに行くとかえって来れなくなりそうなので行きません。

 

s2018-11-11 14.59.39.jpg

 

戻る途中の分岐から右に行った方に池があります。

山の中の池なので静かです。

鴨がいました。

 

s2018-11-11 15.06.39.jpg

 

道路横を通過しました。

おそらく無線中継所へ行く人の道なんでしょう。

 

s2018-11-11 15.18.54.jpg

 

猫峠に戻りました。

ここから三ツ頭山に向かいます。

 

s2018-11-11 15.20.02.jpg

 

この標識がある方に入っていきます。

この犬鳴山の方に抜けるルートも気になってます。

犬鳴と猫峠で「ワンニャンルート」です。

 

s2018-11-11 15.20.49.jpg

 

鹿網があるみたいです。

 

s2018-11-11 15.22.41.jpg

 

適度に登りますね。

 

s2018-11-11 15.23.31.jpg

 

ここから入ると犬鳴の方面に行けるようです。

 

s2018-11-11 15.28.07.jpg

 

更に林道を道なりに進みます。

 

s2018-11-11 15.31.26.jpg

 

すすきが綺麗ですね。

 

s2018-11-11 15.34.14.jpg

 

網があって中には入れないですけどすすきが綺麗です。

 

s2018-11-11 15.37.38.jpg

 

分岐ですね。

左も行けそうですがここは右ですね。

 

s2018-11-11 15.42.15.jpg

 

取付がありました。

ここから入ると三ツ頭山です。

 

s2018-11-11 15.43.19.jpg

 

少し進むと道は明瞭そうなので大丈夫そうです。

 

ある程度確認したので来た道を引き返します。

帰りは早いですね。

 

s2018-11-11 16.09.24.jpg

 

あそこの中継所まで登ってたんですね。

下から見ると意外に高く見えます。

下見も2回めですが今の所危ないところも無さそうです。

 

 

2019-07-26 19.25.47.jpg

 

総時間:2時間
総距離:5.6km
高低差:214m

 

 

まさやん犬鳴山系と周辺22:30comments(0)|-
Comment









一番上へ戻る