RSS | ATOM | SEARCH
カラ迫岳〜熊渡山(くまどやま)縦走(周回)

JUGEMテーマ:山行記録

 

福岡県の山の標高トップ20に入っている熊渡山が前から気になっていたので言ってきました。

 

熊渡山は標高トップ16位です。(15位:金山・17位:雷山)

前々から気になっていたけどやっと行けたのはやっぱり遠いから。八女ICから1時間以上もかかる。うきはの方から行ったら少し近いかな?なのでなかなか行けなかったです。今回は数人(車1台)で行ってきました。

 

s2019-12-15 08.10.58.jpg

 

熊渡山は大分側からも登れるのですがそっちから登るとすぐに終わってしまうので今回はカラ迫岳から縦走してきました。流石に奥八女まで行ってすぐには帰りたくないですもんね。カラ迫岳は以前に登ったことがあるのですがその時はブログをしていなかったのでカラ迫岳も今回初記事になります。

 

駐車場の地図 → 地図内リンクで拡大表示】

 

地図で見てもなかなか奥の方ですね。星野村よりも更に奥になります。

 

s2019-12-15 08.11.34.jpg

 

駐車スペースの右側に舗装された坂道があってここから入っていきます。

 

s2019-12-15 08.12.26.jpg

 

しっかり登山道入口の案内もあります。道は歩きやすくて比較的安心です。

 

s2019-12-15 08.12.34.jpg

 

入口のところに案内板がありました。昔の久留米と日田の国境になっていたので目印の石が埋まっていると言うことです。貴重な遺産です。

 

s2019-12-15 08.24.26.jpg

 

しっかり整備されています。ちょっと一気に登るので前半キツいです。

 

s2019-12-15 08.30.26.jpg

 

結構登ります。道は分かりやすいので迷うことはないでしょう。

 

s2019-12-15 08.35.18.jpg

 

堀穴がありました。昔の金鉱跡です。金はもう出ないでしょうね。中に入れないように柵がしてあります。

 

s2019-12-15 08.55.03.jpg

 

尾根まで出ました。約45分かかりました。国境石群の案内があります。

 

s2019-12-15 09.09.35.jpg

 

ありました、国境石です。ちょっと古いので書いてないとぱっと見わからないかもですね。

 

s2019-12-15 09.10.35.jpg

 

登りになりました。そろそろ山頂下まで来てます。

 

s2019-12-15 09.13.10.jpg

 

山頂に到着です。約1時間ですね。思ったよりも早めに到着できました。

 

s2019-12-15 09.13.57.jpg

 

やっぱりここからの景色はいいですね。360度のパノラマです。しかし遮るものがないので風が強い。

 

s2019-12-15 09.17.43.jpg

 

気温は1度くらいです。風のせいで寒く感じます。

 

s2019-12-15 09.16.58.jpg

 

ポストが新しくなっているような?(前は木だったような気も)ノートあります。

ちなみにですがカラ迫岳はつい20年くらい前までは認識されていなかったみたいですね。熊渡山のほうは前からあって、よく調べたらこっちのピークのほうが高いねってなって公募で募集してカラ迫岳になったらしいです。いろいろ不思議な由縁があるものですね。調べると面白いです。

 

山頂は寒くて狭いのでここは下ります。縦走路を通って熊渡山を目指します。ひとまず登ってきた方向に少し下りると縦走路があります。

 

s2019-12-15 09.35.26.jpg

 

縦走路の方はあまり人が通らないからか荒れてますね。しかし尾根に沿って歩けばいいので迷うことはないでしょう。

 

s2019-12-15 10.32.15.jpg

 

途中、木の傾きがすごいところがありました。風が強いんでしょうね。

 

s2019-12-15 11.07.50.jpg

 

途中にも国境石がありました。ここも欠けてる感じです。

途中にピークもあったのですが基本的にはまっすぐに向かう感じです。何度かあれが熊渡山かな?と騙されながらやってきました(笑

 

s2019-12-15 11.14.22.jpg

 

熊渡山の山頂に到着です。カラ迫岳から約1時間45分ですかね。結構かかりました。

 

s2019-12-15 11.14.32.jpg

 

「熊渡山 960.2m」とあります。

ここで昼休憩を取りました。アップダウンがちょこちょこあって少し疲れましたね。

 

熊渡山標高グラフ-1

 

途中に名もなきピークがあるようでしたが行ってみたけど何もありませんでした。

 

目標は達成したので下山します。来た道を帰る事もできたのですが今回は途中から林道の方に下りて周回にしました。

 

s2019-12-15 12.13.41.jpg

 

この案内があるところから縦走路をはずれます。

 

s2019-12-15 12.18.32.jpg

 

道は比較的分かりやすい広い道でした。何かの作業道だったような感じすらします。

 

s2019-12-15 12.26.55.jpg

 

しかし途中から荒れまくりで道も不明瞭になってきました。YAMAPの地図があったのでそれを頼りに下っていきます。(道が分からないわけではなく地図はなくてもその方向に向かうことは出来ます)

 

s2019-12-15 12.35.55.jpg

 

ちょっと石ごろごろ地帯ですね。

 

s2019-12-15 12.41.05.jpg

 

道なんですが草がぼうぼうで歩きにくい道ですね。冬でこれなら夏はヤバそうです。

 

s2019-12-15 12.49.42.jpg

 

ようやく開けました。

 

s2019-12-15 13.01.51.jpg

 

やっと舗装路に合流しました。縦走路から曲がって約45分程度ですが荒れていたのでもっとかかっている印象でした。ここからは舗装路を歩きます。

 

s2019-12-15 13.14.18.jpg

 

林業関係者が通る道でしょうか?車の轍はあるので使っている人がいるのでしょう。

 

s2019-12-15 13.29.21.jpg

 

ヤマメの里「エノハ荘」まで来ました。民宿などもやっているところです。気になる方はこちらから → 星野村・やまめの里 エノハ荘

 

s2019-12-15 13.41.21.jpg

 

かなり下ってきました。ここまで来て気づいたのですが登り返しがキツいみたいです。なんとなくピストンの方が良かったような...。ここまで来たらメンバーにも言えません(笑

 

熊渡山標高グラフ-2

 

舗装路とは言え200mくらい登り返します。というか舗装路なので足が痛い。選択を間違えました。

 

s2019-12-15 13.49.53.jpg

 

ひたすら登ります。

 

s2019-12-15 14.03.04.jpg

 

登山口まで1.5キロです。やっとここまで来ました。この後20分くらいでやっと登山口まで到着しました。

舗装路に入ってから1時間半ですね。熊渡山から約2時間半です。ピストン折返しだと3時間はかかると思うので、こっちの方が30分くらいは早く着くかもです。どちらからでも楽ではないかもですね(笑

 

s2019-12-15 22.37.03.jpg

 

これで16位「熊渡山」ゲットです。あと残すは「大塚山」と「猿駈山」になりました。どちらも1時間くらいで登れそうなので次回は2つ一緒に登ってトップ20をクリアしたいと思います。(黄色はすでに登っている山です)

 

 

s2019-12-15 15.57.23.jpg

 

帰りは「きらら」で一服して帰りました。やっぱり山の最後にはこれがないと!

 

 

熊渡山

 

■カラ迫岳登山口〜カラ迫岳山頂〜熊渡山山頂〜カラ迫岳登山口■
12/15(日)晴れ

 

8:10 カラ迫岳登山口 出発

8:55 尾根に合流

9:10 カラ迫岳山頂 到着

(小休憩)

9:30 カラ迫岳山頂 出発


11:15 熊渡山山頂 到着


(昼休憩)

12:00 熊渡山山頂 出発


12:15 尾根から分岐


13:00 舗装路に合流


14:30 カラ迫岳登山口 到着

 

総時間:6時間20分
総距離:12.0Km
高低差:512m

 

 

まさやんちょっと遠出22:24comments(0)|-
Comment









一番上へ戻る