RSS | ATOM | SEARCH
四王寺山を周回(大城山〜大原山〜水瓶山)
JUGEMテーマ:山行記録


前記事の「四王寺山を周回(岩屋山〜大城山)」からの続き。

 

少し遅れ気味なので先を急ぐ。

大城山山頂

大城山山頂には眺望が全く無い。

少し下ったところに展望所があるけど今日はパス。
この後、下りルートの野外音楽堂を目指す。

迷うところも無く15分ほどで到着。

大城山の野外音楽堂

ここには公衆トイレもあり。

野外音楽堂前の公衆トイレ

右奥から下りてくる。
下りたら一般道に出るのでここを左に進む。

跡がついてますな。

登山道への入口

少し分かりにくいもののここから入っていく。
急坂を下ると百間石垣が左手に見えてくるのでそれを巻きながら下りていくと一般道に出る。

一般道に出ると右斜め前に階段が見えるけどこっちは間違い。

四王寺山の周回するときのルート

出たら左側に下っていくと橋が見えるのでそこを渡る。

入口

ここから入っていく。
もしかしたら階段を登っても行けるかもしれないけど確認してません...。

こういうときYAMAPが助かります。

舗装路沿いに進むと橋っぽいところが見えるのでその手前に案内有り。

舗装路からの入口

ここから登山口に入っていく。
ちょっと上がると三叉路の分岐があるものの大原山の指示無し。

大原山への分岐

左に「至勝田」とあるけど右が大原山方向。
何故案内が無いのか不思議だけどこのルートが大原山の正規ルートではないからなのかな?

ここからは途中「札所」への分かれ道で間違えそうになるものの30分ほどで大原山山頂に到着。

大原山山頂

大原山にも眺望が無いのでそうそうに先に進む。
次に目指すのは水瓶山(みずがめやま)。

ルート的には焼米ヶ原に向かって進む。
10分ほどで分岐に到着。
分岐は、焼米ヶ原の手前にあって少し分かりにくい。

水瓶山への分岐

この時期だと案内も草の中(汗
ここから入っていく。

最初素通りして見落としてました。

10分もすれば水瓶山登山口に着く。

水瓶山登山口

ここから少し舗装路を歩く。

水瓶山下の舗装路

分岐から左に曲がる。

水瓶山への分岐(麓側から)

写真の左奥から下りてくるのでここで左に曲がる。
左に曲がると登りきったところあたりに入口がある。

舗装路からの入口

草に紛れた階段を登ると案内もある。

水瓶山山頂の休憩所

山頂が見えた。
休憩所も有り、屋根もある。

水瓶山山頂からの景色

水瓶山からは太宰府の街を眺めることができる。
真ん中左の方の青い屋根は九州国立博物館。
戻らず通過すると下りの階段があるのでそこを進む。

水瓶山山頂からの下り

途中急坂などもあるものの道通りに進むと黒岩稲荷神社に到着。

黒岩稲荷神社の鳥居

下ると鳥居が有り砂防ダムが見える。
ダムの横を下りていくと一般道に出る。

小さな案内

ここからはミラーなどに付いている小さな案内を見ながら進む。

交差点

案内通りに進むと太宰府天満宮近くに出る。

このまま政庁跡まで帰ろうかとも思ったけど太宰府天満宮の菖蒲が見頃らしかったので立ち寄ることに。

最初は遅れ気味だったので間に合うかなと思っていたけど後半はかなりスムーズに行けたよう。

太宰府天満宮本殿

さすがの日曜日、観光客も多い。

太宰府天満宮の菖蒲

 

ちょうど菖蒲の時期に来れました。​

太宰府天満宮の菖蒲

天気は曇りだったけど菖蒲は綺麗だった。

梅ヶ枝餅

せっかく太宰府に寄ったので梅ヶ枝餅を食べてから帰宅。

途中迷うところもあったものの歩きやすくて良かった。
ただアップダウンがあるので距離の割にはきつかったかな。


山行ログ

■政庁跡〜岩屋城跡〜大城山山頂〜大原山山頂〜水瓶山山頂〜太宰府天満宮〜政庁跡■
6/14(日)曇り

11:00 政庁跡 出発

12:00 岩屋城跡 到着

(休憩)

12:40 岩屋城跡 出発

13:30 大城山山頂

13:40 野外音楽堂

14:40 大原山山頂

15:15 水瓶山山頂

15:45 太宰府天満宮

(休憩)

17:00 政庁跡 到着

総時間:6時間
総距離:15Km
高低差:382m

 

まさやん大野城・太宰府23:08comments(0)|-
Comment









一番上へ戻る